『背脂煮干中華そば』|みなもと屋

帰社時間が遅く、なかなかラーメンを食べに行けない日々。
そんな中、なんとか21時で上がれたので、ラーメンを食べに。
向かった先は『みなもと屋』
21時過ぎながらほぼ満席でしたが待つことなく席に着くことができました。

今日は最近レギュラー入りした『背脂煮干中華そば』を食べようと思ってきました。
こちらは限定面からのレギュラー入り。
果たして自分はこのメニューを食べたのかとブログをさかのぼるとしっかり食べていました。
読み返してみるとなかなか美味しかったようです。
ということで本日は『背脂煮干中華そば』を大盛り同料金800円でオーダー。
この手のラーメンはワシワシした麺が好みなので麺固めでお願いしました。

『背脂煮干中華そば』ワイルド感あるビジュアル。
具材はチャーシュー、刻み玉ねぎ、バラ海苔、メンマ。

まずはスープ。先行する塩気を包み込むように煮干の旨味、背脂の甘みが広がります。
煮干は旨味とともに若干のエグミも残すことで、味わいが深く骨太な力強さを感じます。

麺は太麺。手揉みが加わり、しっかりと縮れています。
この麺好きですね。
麺固めということもあり、独特の縮れから生まれる食感の変化がより美味しさを増長します。
このワシワシと麺を噛み砕くことで広がる小麦の旨味も申し分ないですね。
この無骨感が、塩分際立つ煮干スープにも負けることなく、それぞれの旨さを引き立てています。


刻み玉ねぎもこの手のスープにはよくあいます。
玉ねぎの歯応え辛味がいいアクセント。

バラ海苔もいいですね。
スープに溶かしたり、麺にあえたりと色々楽しめます。

チャーシューも柔らかく申し分のない美味しさ。 もっと麺を食べ続けたいという気持ちのまま完食。
特盛でも良かったのかもしれませんね。

全体的に繊細さは皆無ですが、野性味溢れるスープと武骨な麺の織りなす旨さのシナジー。
中毒性の高い一杯でした。
これは度々リピートしたいですね。
ご馳走さまでした。

『ラーメン みなもと屋』
住所   仙台市太白区西多賀2-17-5
営業時間 11:00~15:00 17:30~22:00
定休日  無
駐車場  有(店舗の手前側と奥側にあります)


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら