番外編 [湯島]『担担麺』|四川担担麺 阿吽

本格的な美味しい『担担麺』が食べたくなり、久しぶりに湯島の『阿吽』に行ってきました。
大塚の『鳴龍』『担担麺』も惹かれましたが、並ぶ気力がなかったので近場へ。

御徒町で降りて、徒歩7.8分と比較的仕事終わりなどによりやすい立地。

開店5分前ほどに到着。
5名ほどの並びに連結。

前回は『つゆ無し担担麺』をいただきました。
それをリピートしたいところですが、やはり汁ありも興味があるので、通常の『担担麺』を食べてみようと思います。

ということで
『担担麺』830円をオーダー。
半ライスもなんと30円とのことなので合わせてオーダーしました。

ちなみに辛さ、痺れを6段階から選べます。
それぞれ(当店基準)の3にしてみました。

『担担麺』目の前に置かれた瞬間。
一気に花椒の芳しい香りに包まれます。
食べる前から、食欲をかき立ててくれますね。
具材はひき肉、水菜、干し海老、カイワレなど。

まずはスープ。舌先に感じる辣油の辛味を追いかけるように舌全体に広がるピリピリとした繊細な痺れ、それらを包み込むように広がるスープの旨味やゴマの風味。
流石と言わざるを得ないバランス感覚。
やはり美味しいですね。
辛さ痺れをそれぞれ3にしましたが、辛さや痺れで舌が麻痺するほどでもなく、しっかりとスープの旨みも感じることができました。

麺は中細麺のストレート。柔らかくも、程よく食感をのこす茹で加減。
麺自体はさほどインパクトはなく、むしろスープの旨味を引き上げる脇役的な存在。
ゆえにスープとの相性もよく、麺を通してスープの旨味がしっかりと感じられます。
具材とよくあえることで、ひき肉や干し海老の旨味食感も加わり、さらに文句のつけようのない仕上がりに。

美味いですね〜。
残った具材やスープを半ライスに投入し、『阿吽』『担担麺』の魅力を存分に味あわせていただきました。
ご馳走さまでした。

『四川担担麺 阿吽』
住所   東京都文京区湯島3-25-11
営業時間 かなり細かいのでこちらを参照してください。
定休日  火曜日(祝日の場合は営業、翌日水曜日休業)
駐車場  無


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら