​『貝だし塩そば』|だし廊


再び東勝山の『だし廊』にいってきました。
平日ながらもお昼時ということで混んでましたねー。
店主一人でテキパキとこなされていましたが、調理、接客、片付けとかなり大変そうです。

前回は『飛魚だし醤油らーめん』で醤油のみずみずしい旨みを堪能しました。
今回は別テイストで最近、流行の兆しのある貝出汁の『貝だし塩そば』をいただきたいと思います。
値段は850円となっており、現在のレギュラーでは一番高い価格設定となっております。
貝出汁といえば幡ヶ谷の『不如帰』がその火付け役ですが、最近はいろいろなところで食べることが出来て嬉しいですね。
ではその『貝だし塩そば』850円をオーダー。

『貝だし塩そば』​『貝だし塩そば』|だし廊メンマ、チャーシュー3種、細く刻まれた貝が入ったムール貝、三つ葉が盛り付けられ美しいビジュアル。
丼の形も『飛魚だし醤油らーめん』の切り立ったタイプとはことなり、こだわりを感じます。

まずはスープから。​『貝だし塩そば』|だし廊油多めですがあっさりとしたキレのある味わいですね。
提供時のスープ温度も高めなので、貝出汁の旨みは控えめに感じられ、逆にキリッとした口当たり。
想像していた貝出汁のイメージとは違いましたが悪くないですね。
塩ダレは塩角もなく貝出汁の旨みと境界を感じさせない一体感があり、キリッとキレのあるスープの良さを引き立てています。
食べ進めスープ温度が下がるにつれて貝出汁らしいふくよかな旨みが広がります。

麺は手もみの入った​横に平たいきし麺のような麺。​『貝だし塩そば』|だし廊つややかな麺肌とぷにゅぷにゅと独特のおもしろい食感です。
麺も平たく表面積も広いのでスープの絡みは悪くないのですが、掴みずらく食べずらいということもあり、そういう意味からすればスープの旨みを堪能しずらいようにも感じました。

初めての食べるときは面白みもありいいのですが、リピートする際は普通の麺でも食べてみたいというのが正直なところなので、いずれか選択できるとありがたいですね。

メンマは今回初。
柔らかくみずみずしいタイプの口当たりで悪くないですね。

チャーシューは豚バラ、豚肩ロースあたり、鶏チャーシューと三種類トッピングされており、いろいろ食べ比べたり面白いですね。
ただ、鶏チャーシューはスープに置いておくとせっかくのレア感が飛んでしまうので、速攻いただくのがおススメです。

またムール貝の中に刻まれた貝もそのままいただくのもいいのですが、スープに泳がせるとさらに貝の風味増しができます。​『貝だし塩そば』|だし廊面白い試みですね。

『貝だし塩そば』もクオリティーが高く『飛魚だし醤油らーめん』とはまた違った方向性を打ち出していて楽しめました。

あとオペレーションが一番ネックですかね。
もう少し人手があれば調理に集中することが出来、麺茹での微妙なニュアンスも変わってきそうですし、もう少し全般にわたって繊細な仕事ができる余裕も生まれ、よりクオリティーも高まるのではないでしょうか。
ただそれも今後の伸びしろと考えると先々楽しみですね。

あとは『鶏だし生醤油そば』を残すのみですね。
また近いうちに。
ご馳走様でした。

『だし廊』
住所   仙台市青葉区東勝山3-5-22
営業時間 昼営業11:30〜15:00
     夜営業 18:00〜21:00
定休日   毎週火曜日、第3日曜日
駐車場 店舗前3台
Twitter https://twitter.com/dashirou1


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら