番外編『坦坦麺』|創作麺工房 鳴龍 ~NAKIRYU~


またまた東京での番外編。
早稲田にある『らぁ麺やまぐち』からの連食で目指したのは大塚にある『創作麺工房 鳴龍 ~NAKIRYU~』

『らぁ麺やまぐち』からは徒歩5分程度のところにある都電荒川線の面影橋から大塚駅前まで10分程度の乗車でしょうか。
大塚駅前からは大通りを行きそこからちょっと入ったところ。
駅から徒歩5分もかからずに『創作麺工房 鳴龍 ~NAKIRYU~』に到着。
01fea6c780a7ed88d8b2c32103b70d713165ac1812
東京駅からだと山手線内回りで20分ほどでしょうか。
いずれにせよ駅から近いので行きやすいお店ですね。

到着するも店内満席のため、外で5分ほど待ち。
店内に入ってまずは券売機の前に、『坦坦麺』『醤油拉麺』と迷いましたが、『坦坦麺』800円をぽちっと。
ちなみにメニューはこんな感じ。01bb818128512f7d72cdb26d859b6a5d45d05ea6b8
店内はカウンターのみで10席ほどでしょうか。
シーンと静まり返った店内はちょっと緊張感がありますね。

しばらくして『坦坦麺』到着
01843f47ac4509b637be7f2217e0969f9aa0753d29
なかなかシンプルながら上品でおいしそうなビジュアル。
スープの中央には肉味噌と青ネギが盛り付けられていますね。

それではスープからいただいてみたいと思います。
こちらのスープは上澄みには濃厚スープその下には醤油スープという二層構造。
なかなか面白いですね。
醤油ベースのスープとゴマの香ばしい旨みやラー油の辛味が絶妙にマッチしていてバランスが取れていますね。
痺れはなく辛味もだいぶ控えめな分、スープ自体がもつ旨みをしっかりと感じることが出来きます。
坦坦麺のスープというとコクのあるクリーミーな感じが多いのですが、こちらはあっさりした味わい。
そこに爽やかな辛さがありスープ自体もサラッとしていることもあり、とても飲みやすく感じました。

そして麺は低加水の細ストレート麺。
01b4b19bfaf2405c96cd6cd63dbc448502192e5fe6
表面は柔らかながらも芯はしっかり、パツンと歯切れの良い麺ですね。
スープとの相性もいいですね。
ただスープはサラッとしているので、しっかりとスープになじませながらいただくとさらに美味しくいただけますね。

これなら毎日でもいただいてもいいなーという思うような『坦坦麺』でした。
また機会があったら別のメニューもいただいてみたいですね。
ご馳走様でした。

追記
2016年 とうとうミシュラン一つ星を獲得。
すごいですね! 

『創作麺工房 鳴龍 ~NAKIRYU~』
住所   東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚 1F
営業時間 昼の部 11:30~15:00 夜の部 18:00~21:00
     ※月曜は昼のみ
定休日  火曜日
twitter https://twitter.com/nakiryu


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら