『比内地鶏のせり中華そば』|中華そば一休


本日12月3日で榴ヶ岡にお店を構える『中華そば一休』が3周年を迎えました。
おめでとうございます。

3周年と言うことで記念限定麺『比内地鶏のせり中華そば』が提供されます。

この手の直球勝負な限定麺は是非ともいただきたいので、『中華そば一休』へ。

店内に入り『比内地鶏のせり中華そば』900円のボタンをポチッと。
こちらは塩と醤油が選べるとのこと。
醤油をチョイス。

『比内地鶏のせり中華そば』
『比内地鶏のせり中華そば』|中華そば一休なかなか迫力のあるビジュアルですね。

具材はチャーシュー、メンマ、セリ。

ではスープからいただいてみます。『比内地鶏のせり中華そば』|中華そば一休キリッとキレのある比内地鶏の旨味がテンション高く感じられます。
スープ温も高めなのがその特徴を際立たせています。
強めに効いた醤油ダレは角のとれた瑞々しい味わいで、比内地鶏のスープに力強い旨味を添えています。
スープ温が下がるにしたがい、キリッとした感じから次第に比内地鶏のふくよかな旨味が顔を出します。
鶏の雑味や臭みなども皆無、シンプルながら素材の旨味をバランスよく引きだした美味しいスープですね。

麺は細ストレート。『比内地鶏のせり中華そば』|中華そば一休プツプツと歯切れの良さが特徴的。
スープも程よく持ち上げ良い感じですね。

そして圧倒的な存在感のセリ。『比内地鶏のせり中華そば』|中華そば一休葉の部分はスープに独特な清涼感を、根の部分はそのまま食べても良いし、麺と一緒に食べるのことで食感に変化も生まれ楽しいですね。
斬新なのに奇をてらっている感じがしない。
これぞ『中華そば一休』って感じがします。

チャーシューも秀逸。『比内地鶏のせり中華そば』|中華そば一休チャーシューは部位違いの2種類でしょうか。
しっかりとした噛み応えのモモ肉は、噛むほどに旨味が溢れてきます。
肩ロースらしきチャーシューはホロホロと柔らかいながらも肉の旨味がしっかりと留まっており、こちらも絶品ですね。

あっという間に完食でした。
なかなか楽し美味しい一杯でした。
今度は4周年、さらにその先を目指して頑張ってください。
あとノベルティーのお箸。『比内地鶏のせり中華そば』|中華そば一休ありがとうございました。

明日まで提供予定のようなので、興味のある方はお店のほうへ。

ご馳走様でした。

「中華そば一休」
住所   仙台市宮城野区宮城野1-1-37
電話   022-297-2332
営業時間 11:00~15:00 17:30~21:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日  月曜日(祝日の場合火曜日)
駐車場  無(近隣のコインパークを利用しました)
Twitter https://twitter.com/chuukasoba19


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら