『濃厚辛鶏そば』|麺屋くまがい


『麺屋くまがい』の夜営業へ。
駐車場は数台の待ちが発生していたので、入店まで少々の待ち。
夜営業もだいぶ定着してきたことに伴い駐車に関する問題もでてきているようですので、営業に支障がでないようにルールを守った駐車を心がけたいですね。

8時を回ってからの来店でしたので夜のみ準レギュラーで販売の『貝潮そば』は完売のようでした。
『貝潮そば』目当ての方は早めの来店が確実ですね。

ここ最近一通りの食べ直しを進めていて塩系の『塩鶏そば』『濃厚塩鶏そば』はコンプリート。
ということで、さて何にしようか。
悩んだ挙句選んだ一杯は『濃厚辛鶏そば』700円。

だいぶ久しぶりのリピートなので、初めて食べるような新鮮な気持ちでオーダー。
ちなみに辛さは大、中、小と3段階で選べます。
今回は以前の経験を踏まえて「小辛」でお願いしてみました。

『濃厚辛鶏そば』『濃厚辛鶏そば』|麺屋くまがいんー美味しそうですね。
具材はチャーシュー、穂先メンマ、カイワレ、ネギ、スリムネギといったところでしょうか。

まずはスープからいただいてみます。『濃厚辛鶏そば』|麺屋くまがい
香辛料由来のスパイシーな辛味が口の中一体を支配しますね。
そして濃厚な鶏白湯スープがベースだけあって、辛さ一辺倒ではなくしっかりと旨味も感じらるところがいいですね。

以前「中辛」をいただいた時は、辛さが鶏の旨味を凌駕している感じがしたので、今回は「小辛」にしてみましたが、自分の好み的には大正解。
辛さと鶏の旨味のバランスがちょうど良く、スパイシーな辛さの隙間から鶏の旨味が顔を出すことで立体感のある味わいを作り上げています。
ここまでなら辛さが苦手な人でもなんとか大丈夫なレベル。
また辛さ重視の方は中辛以上をどうぞ。

そして麺は中細麺。『濃厚辛鶏そば』|麺屋くまがいこちらはぱつんとした仕上がりで若干硬めな茹で上がり。

以前この『濃厚辛鶏そば』を、太麺でいただきましたが、デフォルトの中細麺も相性がいいですね。
濃厚なスープに埋没することなくしっかり存在感を発揮しています。
一度に口に入る麺の数が多いこともあり、太麺よりもスープの持ち上げがいいように感じます。

香味油もいい仕事をしています。
麺に絡んだ油が、啜るたびに唇にヒリヒリとした刺激を与えてくれますね。

しっとり仕上げられて低温調理の鶏チャーシューも間違いないですね。
香ばしく仕上げられた豚チャーシューもこちらの『濃厚辛鶏そば』には良く合います。

穂先メンマはいい箸休め。正直もっと欲しいぐらいです(笑)
久しぶりの『濃厚辛鶏そば』おいしかったですね。

また裏メニューだった『濃厚節鶏そば』も最近レギュラー入りを果たしたようでますます充実の『麺屋くまがい』でした。

ご馳走様でした。

『麺屋くまがい』
住所   仙台市宮城野区鶴ヶ谷1丁目8-16
営業時間 昼営業 11:30~(130食売り切れまで)
このブログを書いている時点だと、平日休日問わず15時前後で完売しているようです。
夜営業(平日のみ) 18:00~20:30
定休日  水曜日
駐車場  有(店舗前5台、第二駐車場11台)
※以前の2軒隣の月極め駐車場に4台は麺屋くまがいの契約駐車場ではなくなったのでご注意ください。

☆彡駐車場に関する注意事項はこちらの店主からのツイートを確認ください☆彡


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら