『白ふじそば』|荒町商店中華そば ふじやま


『荒町商店中華そば ふじやま』に行ってきました。
この荒町商店街を通ると『らーめんこいけや』『荒町商店中華そば ふじやま』で迷っちゃいますねー。
でも、今日は煮干しが食べたいと思い『荒町商店中華そば ふじやま』を選択。

夜営業のためか駐車場もすんなりで、店内も空いていました。

『白ふじそば』
680円を選択。
ついでに『味付替玉』もついついポチッと。

『白ふじそば』『白ふじそば』|荒町商店中華そば ふじやまチャーシュー、スリムネギ、ネギ、メンマが盛り付けられています。
美味しそうなビジュアルですね。

煮干しのやわらかな旨味溢れるスープは、あっさりとした上品な味わい。『白ふじそば』|荒町商店中華そば ふじやま 塩角のないかえしは出汁の旨味をより引きたて味わい深いものに仕上げてくれますね。
煮干しをガツンと効かせたスープではないので、煮干し自体が得意でない方も、美味しく頂けるのではないでしょうか。

麺は細ストレート麺。『白ふじそば』|荒町商店中華そば ふじやまプツプツと歯切れのよい食感でおいしい麺ですね。
スープの受け止め加減も調度よく、スープと麺それぞれの調和がとれており、全体としてやさしいあじわいを醸し出しています。
加水率低めの細麺ということで麺が柔らかくなるのも早く、提供時のバランスも変化していきますが、それはそれで変化が楽しめて悪くない感じでした。
最後まで食感のある麺を食べたい場合は、固めの茹で加減でお願いしてもいいかもしれませんね。
というか覚えていたら次回試してみたいと思います。

『荒町商店中華そば ふじやま』の目玉の一つと言っても過言ではないチャーシューは相変わらず美味いですね。『白ふじそば』|荒町商店中華そば ふじやま レアレアな仕上がりで、噛みしめるたびに肉の旨みが溢れてきます。

メンマは穂先メンマ。
この点もポイント高いですね。
柔らかい食感でこちらも全体的な調和を優先させた仕上げ方でしょうか。

そしてついつい頼んでしまう『味付替玉』『白ふじそば』|荒町商店中華そば ふじやま 150円という値段を考えると、相当コスパが高いのですが、いつもどうやって食べようかと頭を悩ませてしまいます。

替え玉にしてみたり、つけ麺風にしてみたり、スープをプラスしてみたりといろいろ試してはいるのですが、これっていう食べ方がいまだ見いだせずにいます。
卓上の調味料でカスタマイズと言ってもその調味料自体がいまいちなので、そこらへんに工夫があれば可能性がひろがるのですが。
面白いメニューではあるので、鰹節粉、刻み紅ショウガ、柚子胡椒、ラー油等など味変アイテムが充実するとさらに満足度が高まりそうです。
とは言え値段的には十分満足クオリティー。

そろそろ『黒ふじそば』は解禁されないのかなー。
若干マンネリしてきた感があるので、期待してしまいます。

ご馳走様でした。

『荒町商店中華そば ふじやま』
住所   仙台市若林区荒町171
営業時間 月~金 11:00〜14:00 17:30~20:00
     土日  11:00~15:00
定休日  Twitterで確認
駐車場  有(店舗前2台 店舗脇3台)
Twitter https://twitter.com/aramachifujiya1


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら