『ら~麺 白:海老』 |麺屋とがし


『麺屋とがし』

ラーメンの呼び名が以前のように『白』『赤』『黒』と変わったようです。
『白』は海老、『赤』は旨辛、『黒』は魚介に変わりましたというか昔に戻りましたという感じ。
こってりとあっさりが選べるのも昔と同じ。

この『白』『赤』『黒』を廃するときの、大々的な告知を考えると、この突然の旧メニューへの復帰には「はっ?」て感じでしたが、自分的にはこのネーミングのほうが愛着がありますね。
名前は置いといて、味も昔の『白』『赤』『黒』に戻ってくれたら嬉しいのですが。

オーダーは定番の『白:海老』750円をオーダー。

『白』 あれっどんぶりが!
なんかオシャレになっていますね。
『みなもと屋』のどんぶりを見た時は・・・でしたが、こちらは洗練されていて、丁寧な盛り付けも映えますね。

具材はチャーシュー、ネギ、メンマ。

まずはスープ。クリーミーな豚骨と魚介のダブルスープ。
口に含むと、穏やかに海老の風味を感じます。

海老が立つという感じまではいかず、海老風味といったバランス。
上品な味わいで美味しいながらも、ちょっと物足りなさを感じます。
もう少し海老がガツンときて欲しいですね。

そう言えばオーダーの際、あっさりか濃厚かをきかれませんでしたね。
たぶんこれはあっさりでしょうね。
濃厚を試したかったのでちょっと残念。
食券を渡す際に聞いていただけるとありがたいのですが。

麺は中太のストレート麺。とても艶やかな麺肌で噛むとムニュとした歯ごたえで比較的柔らかな茹で上がりとなっているためか食感としてはいまひとつ。
またスープとのバランスも微妙ですね。

スープ自体はクリーミーながらもさほど粘度はないうえ、麺自体もツルッとしているためかスープの持ち上げがどうしても弱い。
さらに麺自体の旨味もこの油分の高いスープでは埋没してしまうため、食べ進むにつれてかなり単調に感じられます。

麺自体はこれはこれで美味しいのですが、このスープとの合わせると完全に負けてしまっている感じがします。
むしろあっさりとした清湯スープに合わせた方が、そのポテンシャルを発揮しそうな麺に感じました。

やはりこの手のスープには小麦感豊富で噛めば弾けるような麺が好みですね。
昔の『白』の時のような麺。
などと懐かしさに思いをはせつつ完食。
濃厚も食べて見たい気はするけど、、、。
ご馳走さまでした。


追記:「そう言えばオーダーの際、あっさりか濃厚かをきかれませんでしたね。」と書きましたが、実は食券を購入する時点で「あっさり」が「ら~麺」、「濃厚」が「濃厚ら~麺」かを選ぶシステムだったようです。
従いまして「ら~麺」の食券を購入した自分には「あっさり」が提供されたということのようです。
ということで失礼いたしました。
ただメニュー名や券売機で選択する部分と口頭で選択する部分の交通整理がすこし複雑で慣れるまではややこしいなーと思いますが・・・。
次回は大丈夫かと。

『麺屋とがし』
住所    仙台市泉区南光台2-14-59
営業時間  平日 11:30~14:30 17:30~21:00
      土・日・祝 11:30~15:00 17:30~21:00
      ※スープがなくなると営業終了
定休日   基本的に年末など以外無休
駐車場   有(店の前と横で8台、店舗裏の駐車場に9台)


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら