『皿台湾』|仙台中華蕎麦仁屋


『仙台中華蕎麦仁屋』に行ってきました。
ほぼ開店以来といってもいいぐらい、だいぶ間が空いてしまいました。
車通勤ということもあり、どうしても駐車場があるお店に足が向いてしまうという傾向が強く、なんとなくスルーしていた感じです。
ただ気になるメニューも続々と増えているので、ここら辺で行かねばと思い、超久々に足を運んでみました。

その気になるメニューは筆頭は『皿台湾』
ずっと食べたかったんですよね〜。
ということで、『皿台湾』900円をオーダー。
大盛無料とのことなので、大盛。
辛さは三段階の真ん中。

『皿台湾』インパクトのあるビジュアルですね。
麺の上に炒めたもやし、ニラ、挽肉が盛り沢山。

麺は中細麺。太麺ではなく細麺仕様のあたりが意外な感じです。

まずはその麺のみいただいてみます。
しっかりとした食感があり、麺自体の旨味も感じられますね。
初めからタレがあえてあるので、そのままでもけっこう美味しいです。
あくまでも茹でた麺なので焼きそばとは全く違います。

そして今度は具材と一緒にいただいてみます。唐辛子の鮮烈な辛さが旨い。
シャキシャキとした歯ごたえのもやし、ニラの風味、挽肉の旨味と麺が織りなすシナジーがすごい。
食べれば食べるほど後を引く旨さが加速。
味付けはかなり濃い目なので好き好きはあると思いますが、自分的にはストライク。
とても好きな味付けですね。

一通り麺を食べたところで追い飯を投入。『皿台湾』の旨味を余すことなくいただいて完食。
とても美味しかったですね。
もっと食べ続けていたい一皿でした。
ただ価格相応の魅力があるかと考えるとちょっと微妙ではありますが、大好きです。
ご馳走様でした。

『仙台中華蕎麦 仁屋』
住所   仙台市青葉区本町1-12-12 GMビル1F
営業時間 昼営業 11:00~15:00
     夜営業 18:00~22:00 
定休日  日曜日
駐車場  無


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら