『辛いつけ麺』|ちいおり


​今日は免許更新に鶴ヶ丘に行ってきました。
いつも日曜日に行っていたので混んでる印象がありますが平日は空いていますね。
そちらの方はサクッと片づいたので、その足で泉中央に下って行くとまだ暖簾がさがっています。

『一草庵』から名前の変わった『ちいおり』に久々に訪問。20160323_135407000_iOSほぼ閉店ギリギリだったようですね、入って直ぐに暖簾が下されました。

メニューを見ると、んっ。20160323_135522000_iOS値段が上がったのかな?
というか値上げされたところから更に値上げされ、つけ麺は基本的に全て900円になったようですね。
味もおいしくコスパも最上級だったのが魅力でしたが900円ともなると全部乗せとはいえ、さほどコスパが高いとはいえなくなってきましたね。
逆に全部乗せ強制的な値段設定に感じてきますね。
ノーマルとトッピングプラスのメニューを分けたほうが良心的な感じがします。
んーちょっと残念。

では気を取り直して。
やはり『ちいおり』といったら自分は『辛つけ麺』ですね〜。
なので今日も『辛つけ麺』900円をオーダー。


『辛つけ麺』

つけダレはこんな感じ。20160323_135537000_iOS真っ赤ですねー。

そして麺はこんな感じ20160323_135554000_iOS綺麗ですね。

ではではいただきます。
まずはつけ汁を味見。
粘度はなくサラッとしており、そこに動物系と節系の旨みが効いています。
痺れはなく辛さ控えめ、旨味と辛味のバランスが調度よく誰でも食べやすい味わい。
つけ汁としては味自体も濃くない方ではないでしょうか。
自分的にはもうちょっと辛味強目が好みですが、それは卓上の辛味で調整という感じでしょうか。

麺はこんな感じの中細ストレート麺。20160323_135612000_iOS麺はだいぶ細くなったような気がしますね。
麺肌はつるりとして心地良い舌触りですが、食感が柔らかな感じで、麺自体の味わいはイマイチかなー。
以前はもっとしっかりとした食感があり、麺自体の旨味も充実していたような気がしますが、だんだん柔らかくなってきているように感じます。
もっとしっかりと冷水で締めて小麦の旨味をギュッと濃縮して提供して欲しいな〜。
まー好みの問題でもあるのですが。

麺をつけ汁にイン。
つけ汁の鰹節やネギが麺に絡んできますね。
さらに旨味と辛味をまとったつるりとした麺が口の中へ。
味付け自体は美味しいのですが、麺自体がもっと美味しければと残念な気持ちもありますね。
またつけ汁のなかの鰹節がなくなると、もともとつけ汁自体がサラッとしているめ、あまり味がからまず、フニャフニャとした麺の食感だけが際立ってしまい、なんとなく間の抜けた感じがします。
そういう意味ではつけ麺としての魅力に欠けてるんですよね。

自分が初めてつけ麺を美味しいと感じたのがこの『ちいおり』なのですが、最近の『ちいおり』はなんか違うんですよねー。
特に並んでまでって感じではないですねー。
初めて食べた時はこんな感じではなかったように思うのですが。
ちなみにこちらが初めて食べた頃のブログです。

その他ホロホロのチャーシュー、煮卵、つくね、メンマと相変わらず具沢山で食べ応え充分。

ただ以前はこれが800円で食べれてたことを考えると、今は値段なりの満足感といったところでしょうか。
今まで『辛つけ麺』と言えば『ちいおり』と思ってましてが、ちょっと考えさせられる一杯でした。

同じ辛い系つけ麺なら『つけ麺屋しずく』『辛いつけ麺』若しくは『坦々つけ麺』が今は一押しですかねー。
麺自体も抜群においしいのでつけ汁の旨さも際立ってくるんですよね。

やはりつけ麺の麺は寿司のシャリと一緒で、麺自体の美味しさが全体のバランスを大きく引き上げてくれます。
そういう点では最近の『ちいおり』は自分の好みから遠ざかっていきますねー。

またしばらくしたら食べに来たいと思います。
ご馳走様でした。

『ちいおり』
住所    仙台市泉区高玉町8-10
営業時間  平日   11:00~14:30
       土・日・祝 11:00~15:00
      夜営業 月火金土 18:00~20:30
定休日   ?
駐車場   有(店舗前に5台くらい)
     


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら