『飛魚だし醤油そば』|だし廊


『だし廊』にいってきました。『飛魚だし醤油そば』|だし廊​こちらは東勝山に7月11日オープンしたばかりの新店舗ですね。


場所は移転前の『麺奏神楽』があったところと言えばわかる人も多いのではないでしょうか。

駐車場は店舗前に3台となっており、倍率高し。
開店前に到着しましたがその3台の駐車スペースも残り1台とギリでした(;^_^A)
店舗前にはすでに並びあり、すかさず連結。

券売機制となっており店内に入りまず食券を購入。
現在のところのメニュー。
券売機の左側から順に『飛魚だし醤油そば』『貝だし塩そば』『鶏だし生醤油そば』といった布陣。

とりあえず今回は一番左の『飛魚だし醤油そば』750円をオーダー。

『飛魚だし醤油そば』『飛魚だし醤油そば』|だし廊なかなか美味しそうなビジュアルですね。
具材はネギ、チャーシュー2種とシンプル。
そして三つ葉が彩りを添えます。

ではスープからいただきます。『飛魚だし醤油そば』|だし廊醤油の味わいが先行します。
強めに効いているものの塩角はなく、瑞々しい旨味の余韻が長引く印象的な味わいで、何度も味を確認したくなる美味しい醤油ですね。
出汁はキレのある鶏の旨味がつよく、後味的にあご出汁の風味が広がりをみせます。
あご出汁を食べなれた方にはネーミングから期待するほどあご出汁が突出した感じではないですが、魚介系と動物系の複層感のあるバランスは悪くないですね。
出汁の味わい以上に醤油ダレの存在が際立っていたというのが正直なところ。
そういう意味では出汁が醤油の旨味をしっかりと下支えし、その魅力をさらに引き出しているように感じました。

麺は中細ストレート。『飛魚だし醤油そば』|だし廊パツンと歯切れの良い美味しい麺ですね。
程良くスープの旨味を拾いあげてくれます。
麺量は大盛ではなくデフォルトでいただく方が丼の形状などからも断然バランスは良さそうでした。

チャーシューは2種類。『飛魚だし醤油そば』|だし廊鶏チャーシューは最近よくあるタイプでやわらかく美味しいですね。
豚チャーシューは肩ロースあたりでしょうか。
肉の味わいが深く噛み締めるたびに旨味が広がります。
脂分もほどほどでいい感じです。
どちらも今どきのトレンドをしっかり押さえていますね。
ノーマルで2種類楽しめるのは嬉しいです。

あれっそう言えばメンマがないっというのを書いていて気がつきました(笑)
全のせにしないとメンマはつかないのかな?と思ってTwitterで見てみるとデフォルトでついているようなので単純に忘れられたのかな〜。
今になって気がつくなんて、それだけスープの美味しさに没頭していたということでしょうか^^;
ということで、醤油の旨味が際立った美味しい一杯でした。

こうなってくると、『貝だし塩そば』『鶏だし生醤油そば』も早めにいただきたいですね。
ご馳走様でした。

それにしても最近、実力のあるラーメン店のオープンが多いですね。
栄枯盛衰じゃないですけど、既存店もさらなるブラシュアップは必須です。
切磋琢磨して仙台のラーメンのレベルアップとともに今まで興味のなかった人にもその魅力に気づいてもらえると嬉しいですね。

『だし廊』
住所   仙台市青葉区東勝山3-5-22
営業時間 昼営業11:30〜15:00
     夜営業 18:00〜21:00
定休日   毎週火曜日、第3日曜日
駐車場 店舗前3台
Twitter https://twitter.com/dashirou1


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら