期間限定麺『ブラックジンジャー』|中華そば一休


気になる限定麺があったので榴ヶ岡『中華そば一休』へ行ってきました。
最近帰りが遅くなかなか夜営業に行けないので、日曜日の昼営業へ。
昨日に引き続き青空が広がり気持ちがいいですね。
そんな中、仙台の秋の風物詩 ジャズフェスの音色が街を彩ります。

お目当の限定麺は『ブラックジンジャー』
先月の『一休ブラック』は逃してしまいましたが、今回の『ブラックジンジャー』は気になり来てしまいました。
溜り醤油に生姜を効かせた珍しさと、ビジュアル的にもかなり気になる一杯ですね。

ということで
『ブラックジンジャー』750円。

『ブラックジンジャー』ブラックラーメンはいつもこの見た目に一瞬ひるみますね。
具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、ほうれん草。

では漆黒に染められたスープをいただきます。 たまり醤油のコク深く酸味を帯びた旨味が広がるとともに、生姜の芳香が鼻腔に抜けていきます。
『中華そば一休』らしくキレのある味わいで、次から次へとレンゲを運びたくなりますね。
もちろん見た目程の塩っぱさはなく、心地よくバランスのとれた塩梅。

麺は中細ストレート。パツンと程よい噛み応え。
麺の旨味もしっかり感じられ、スープに埋没することもありません。
油の使い方も絶妙。生姜の風味をまとった麺がなんとも言えぬ不思議な旨さを醸し出しています。

チャーシューは柔らかくとろけるようですね。

ほうれん草は、えぐみがきちんと抜けておりいい箸休め。

食べ進むにつれてスープの温度が下がり、より出汁の旨味が存在感を増してきますね。
テンション張り詰めたキレのある味わいから、よりマイルドで深みのある味わいに変化していきます。
こういうの好きですね。
食べ始めから最後のスープ一滴に至るまで飽きのこない仕上がりで、とても満足度高い一杯でした。
ご馳走さまでした。

ちなみに提供は9月22日までとTwitterで告知されていますので、興味のある方はお早めに。

「中華そば一休」
住所   仙台市宮城野区宮城野1-1-37
電話   022-297-2332
営業時間 11:00~15:00 17:30~21:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日  月曜日(祝日の場合火曜日)
駐車場  無(近隣のコインパークを利用しました)
Twitter https://twitter.com/chuukasoba19


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら