限定麺『冷たい鬼そば』|麺屋くまがい


猛暑の中、鶴が谷へ。
たまたま仕事で近くまで寄ることができたので、『麺屋くまがい』でランチです。

最近始まった限定麺『冷たい鬼そば』をいただきたいと思います。

『冷たい鬼そば』800円をオーダー。

コチラは山形の名物『冷たい肉そば』をモチーフにラーメンに置き換えて作られた一杯とのこと。
※ちなみにリンク先のお店ではありません

『冷たい鬼そば』
ラーメンらしからぬ出で立ち。
極太麺の上には、鶏肉、ネギ、カイワレ、メンマ、ナルトが豪快に盛り付けられています。

まずはスープ。 見た目やネーミングとは裏腹に出汁の旨味を前面にだしたとても優しい味わい。
ほんのりと甘みも感じられ、夏の疲れを癒してくれます。
それにしてもまるで日本そばを食べているような錯覚を覚えます。
鶏の旨みもよく効いていますねー。

そして主役の麺はストレート太麺。とても硬いです。
その硬さが美味いと感じる。そういう麺だと思いますね。
ボッキボキの麺を噛み砕き、その弾ける高密度の小麦の旨みがたまりません。
武骨な見かけとは裏腹に後を引く魅力たっぷりの麺ですね。これ好きです。
昔の『自家製太麺渡辺』を思い出します。
最近はだいぶソフトになったので。

それにしても自家製麺にしたことで、メニューの自由度が広がり進化が止まりませんね。

こんな麺なのでスープを寄せ付けないのかと思いきや、程よくスープの旨味ものってきます。
麺だけ食べていても美味しいので、そこにスープの旨味が加われば言うことないですね。
ずっと咀嚼していたい(笑)
そう思わせる極太麺です。

鶏肉は親鶏を使用。しかも冷やしということで、こちらも硬い。
量も多いです。
アゴの力を試される一杯ですね。
こちらも美味しくいただきました。
ただ、できればもう少しスライス幅を詰めたほうが、より親鶏のコリコリとした食感が際立つ上、食べやすく自分好みかなーと。

途中から、唐辛子を投入。
もちろんよくあいます。

顎の負担もさほど感じず、意外とするりと完食。
警戒して普通盛りにしましたが、大盛りにすればよかったかも。

この季節によく合う美味しい一杯でしたね。
ご馳走様でした。

『麺屋くまがい』
住所   仙台市宮城野区鶴ヶ谷1丁目8-16
営業時間 昼営業 11:30~14:30
夜営業 18:00~20:30
※スープ切れで終了の場合あり
定休日  無(2017年1月より)
駐車場  有(店舗前5台、第二駐車場11台)
※以前の2軒隣の月極め駐車場に4台は麺屋くまがいの契約駐車場ではなくなったのでご注意ください。

☆彡駐車場に関する注意事項はこちらの店主からのツイートを確認ください☆彡


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら