限定麺『鶏白担担麺』|麺屋とがし


今日は『麺屋とがし』に来てみました。
お目当は限定の『鶏白担担麺』ですね。

鶏白湯と担担麺の組合せって初めてなので、どのようなお味になっているのか興味をそそられますね。

閉店間際というのに次から次にお客さんが押し寄せていましたね。
みなさん限定狙いのようでした。
やっぱり鶏白湯と担担麺のコラボ!
気になりますよね。

価格は850円で並盛 、中盛、大盛 全て同料金。
ここは大盛をチョイス。
辛さは小辛、中辛、大辛と選べます。
痺れも小痺、中痺、大痺と選べます。
小辛、中痺がオススメとのことなので、小辛、中痺、大盛で『鶏白担担麺』をオーダー。

『鶏白担担麺』
015565b2665e0cef7ae30361c17f185b8b93cc43da
提供までけっこうかかりました。
盛り付けも手間がかかってますね。
なんともとがしらしいビジュアル。

具材は刻みタマネギ、スリムネギ、チャーシュー、肉味噌といった感じですね。

ではではスープから。
鼻に抜ける山椒の香りが心地よいですね。
見た目の割にはサラッとした感じのスープですね。とがし基準で(笑)
辣油の辛味と山椒の痺れを包み込むように鶏白湯が口の中に広がります。
ただ、思っていた程の鶏感はないかな〜。

小辛でお願いしたので辣油の辛味はそれほどではない感じ。
中痺の山椒も担担麺としては比較的穏やかな効き具合ではないでしょうか。
そしてその辛味も痺れも鶏白湯が中和してくれる感じなので、あまりとがった感じはないですね。
そういう意味では食べやすい。

芝麻醤と鶏白湯はお互いにポジションがかぶったような感じで、何となくそれぞれの味わいが中途半端に感じらます。

鶏白湯を活かそうとすると担担麺らしさがなくなるという何となく矛盾をかかえた味わいに感じました。

決して美味しくないというわけではないのですが、お見合い相手を間違った的な感じがあって担担麺としてはしっくりこないかなー。

麺は中太縮れあり。
0166f8a138d39190ef2b1cab398794cd16145ba08d
こちらは全体的にモチっとした食感があり、麺自体の旨味も感じられけっこう好きですね。
スープ表面の辣油の辛味と山椒の痺れをしっかりとまとい噛みしめる度に小麦の旨味が広がります。
なかなかこのスープとの相性は良さそうですね。
というかこの麺好きです。

挽肉はけっこう多めに入っていますね。
麺と一緒に味わうと肉の旨味と辛さ、痺れ、スープの旨味が折り重なり良い感じです。

ただ、刻みタマネギが何となく積み重なる旨味を解いてしまうという悪い意味でのリセットと効果があり、この『鶏白担担麺』のトッピングとしてはどうかなー?と感じました。

またチャーシューは鶏チャーシューのようですね。
甜麺醤的なもと和えてあり、なかなか変わった味わいです。

初めての鶏白湯と担担麺のコラボはなかなか微妙な感じでした。
鶏白湯、担担麺それぞれの長所を打ち消すというか、違うパズルのピースを組み合わせているような違和感を終始感じながら完食しました。
美味しいながらもしっくりこない。
まだまだ改良の余地ありといった感じでしょうか。

ただこのような楽しい組合せのラーメンをいただけるのもやっぱり『麺屋とがし』ならでは。
これからも、今回のような挑戦的なラーメン楽しみにしてますね。
期待しています。
ご馳走様でした。

『麺屋とがし』
住所    仙台市泉区南光台2-14-59
営業時間  平日 11:30~14:30 17:30~21:00
      土・日・祝 11:30~15:00 17:30~21:00
      ※スープがなくなると営業終了
定休日   基本的に年末など以外無休
駐車場   有(店の前と横で8台、店舗裏の駐車場に9台)


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら