タグ別アーカイブ: 仙台市宮城野区

限定麺『くーちゃんらーめん』|麺屋くまがい

久々。
鶴が谷『麺屋くまがい』
店の前までは何度も来てるんですが。
並ぶ気力がないのでスルーしてしまう今日この頃。

今日はタイミング良く並びなし。

本日のお目当は限定麺。
その名も
『くーちゃんらーめん』
何故かこの一杯は強烈に惹かれました。
というか食べるべき一杯という直感にいざなわれ、早々と仕事切り上げ鶴ケ谷へ。

もちろん迷わす
『くーちゃんらーめん』850円をオーダー。
しかも大盛+50円。

『くーちゃんらーめん』
ノスタルジーな器を彩る鮮烈な色彩。
チャーシューごろごろ、穂先メンマ、ゆで卵、もやしと具材も盛り沢山。

先ずはこのスープから。甘く、塩っぱく、懐しい。
とにかく強調された胡椒も重要な味の要素。
ゆる〜く効いた豚骨がその独特のたれの旨みを背後から下支え。
それらが一体となることで、なんとも形容しがたい爆発力のある味わいに。
昔、好きだった中山飯店の「あんかけ焼きそば&ご飯」ことドッキング
を久々に思い出す味でした。
あれも強烈に甘くてしょっぱかった。

麺はストレート。 またこの麺もいい。
主張していないことが、逆に存在を高めているような不思議な感覚。
シッカリとスープを纏うどころか、スープ染み染みです。
この何処と無く懐しい、もどした乾麺のような食感もこのらーめんの雰囲気によく合います。
モヤシと麺の奏でる食感もいいですね。

そしてチャーシュー。分厚いチャーシューがゴロゴロです。
これだけでお腹が一杯になりそう。
醤油ダレがシッカリ染み込んでますね。
塩っぱいです。
これをおかずにご飯をいただいても良さそう。

煮卵ではなくゆで卵というのも面白い。

それにしても麺が多い。
普通盛りで充分でした。
流石に大盛ということで、食べ進めるにつれての単調さもあります。
ただ一週間したら、また食べたくなるような中毒性の高さも感じます。
チープな味わいの中に感じるノスタルジーが重要な味の要素。
まさに旨さを通り越したソウルフード的な一杯でした。

こんな奇跡のような一杯を提供してくださる店主に感謝です。
気になる方はお早めに
ご馳走様でした。

『麺屋くまがい』
住所   仙台市宮城野区鶴ヶ谷1丁目8-16
営業時間 昼営業 11:30~14:30
夜営業 18:00~20:30
※スープ切れで終了の場合あり
定休日  無(2017年1月より)
駐車場  有(店舗前5台、第二駐車場11台)


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら