タグ別アーカイブ: 坦々麺

『担々麺』|麺屋熊胆(ゆうたん)』

本日は久々の新店舗。
小松島に出来た『麺屋熊胆』「熊胆」と書いて「ゆうたん」と呼ぶようです。
場所は東北薬科大学のすぐ近く。
大通りに面しており向かい側の交番があるので比較的わかりやすいと思います。

駐車場は隣の店舗と共通で店舗前に4台ほど駐車出来ます。

メニューはラーメン系は『醤油』『担々麺』
それ以外に『汁なし担々麺』『つけ麺』があります。

なかなか迷いますねー。
本来なら『醤油』といきたいところですが、一つ飛び越して『担々麺』をいただいてみようと思います。
『担々麺』『汁なし担々麵』のラインナップをみると力の入れ具合が担々系にあるのかなーと 。

ということで『担々麺』830円をオーダー。
辛味を3段階で選べるのですが、とりあえずスープの旨みも感じたいので1にしてみました。

『担々麺』青梗菜、ナッツ、葱、ひき肉が器を埋め尽くしています。

先ずはスープ。先ず飛び込んでくるのは胡麻。
かなりライトな仕上がりですね。
そして甘いです。
たまーにこういう担々麺ありますよね。

辛さはかなり控えめ、ヒリヒリとした繊細な痺れも感じますが、全体的に痺れがあるわけではなく、刹那的に痺れを感じる程度。
具材の挽肉もやや甘めな味付けとなっており、この味がスープに溶け出すことでさらに甘みが増します。
辛さの段階をマックスまで引き上げたほうがバランス的に良かったのかもと思いつつスープを飲みます。
ただスゴク飲みやすい。
これはこれで辛さ痺れが苦手だけれど『担々麺』を食べてみたい的な方にはいいかもしれません。
がしかし反対に物足りなく感じる方も多いかもしれません。
自分もその中に入ります。
どちらかと言いうとこの甘みの強い『担々麺』は自分的な好みからすると微妙な感じの部類ですかね・・。

麺は中細ストレート。この麺、美味しいですね。
程よく弾力があり、噛み心地がいい。
麺自体が持つ旨みもしっかりとしており、坦々スープとの相性もすごくいいです。
麺量も普通盛でも結構あります。
というか大盛にしてしまうと麺量が多すぎてバランスが崩れそうな感じもします。

青梗菜はシャキリとした茹で上がり。
ナッツの歯ごたえもいいアクセント。

全体的に味を支配している甘みが自分的にはちょっと苦手でしたが、それはそれでとても食べやすい『担々麺』でした。
また麺の美味さも際立っていたので、他のメニューも試してみたくなります。
ご馳走様でした。

『麺屋熊胆(ゆうたん)』
住所 仙台市青葉区小松島4-15-26
営業時間 平日[昼営業]11:30~14:30 [夜営業]17:30~20:00
     土日祝 11:30~
定休日 木曜日 
駐車場 有(店舗前数台)



ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら