『冷やしだしレモン中華』|中華そば一休

​ゴールデンウィークもラストデイ。
仙台ハーフマラソンの関係で榴岡公園に来ていたので、そのまま『中華そば一休』にお邪魔しました。

とは言ってもぶらっときたわけではなく、最近始まったばかりの『冷やしだしレモン中華』が狙いでの来店です。
今日は天気もよく気温も高めなので、冷やし日和ですね〜。
ということで『冷やしだしレモン中華』800円をオーダー。

『冷やしだしレモン中華』『冷やしだしレモン中華』|中華そば一休なんとも涼やかなビジュアル。
トッピングはレモンと「だし」

「だし」は山形の郷土料理で、キュウリやミョウガ、大葉、昆布等を細かく刻んであえたもので、ご飯やソーメン、冷奴なんかによく合いますね。
またキュウリには体温を下げる効果もあるので、冷やしにはぴったりなトッピングかもしれません。

まずはスープのみいただいてみます。『冷やしだしレモン中華』|中華そば一休冷んやり良く冷えたスープにあっさりとした魚介系の旨味がバランス良く効いていますね。
レモンの酸味が加わりすっきりとした味わいで清涼感に満ち満ちています。
そこに「だし」を加えると、キュウリなどの心地よい食感とともに、香味野菜の爽やかな香りや歯ざわりもプラスされ、なんとも味わい深いですね。

麺は細麺。『冷やしだしレモン中華』|中華そば一休しっかりと冷水で締められて、コキコキとした歯ごたえが心地よく美味しいですね。
スープとの絡みもいいですね。
「だし」自体に昆布が入ることで粘りがあるので、その粘りが麺とスープの相性をさらに引き上げてくれますね。『冷やしだしレモン中華』|中華そば一休すするたびにキリッとした爽快感がなんとも言えません。
また細かく刻まれたキュウリなどの食感と麺のコキコキとした食感が小気味いいですね。

するするっとあっという間に完食。
身体も冷んやり、夏を先取りの涼やかな一杯でした。
ご馳走様でした。

「中華そば一休」
住所   仙台市宮城野区宮城野1-1-37
電話   022-297-2332
営業時間 11:00~15:00 17:30~21:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日  月曜日(祝日の場合火曜日)
駐車場  無(近隣のコインパークを利用しました)
Twitter https://twitter.com/chuukasoba19


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら