『海老ワンタン麺 塩味』|本竈

今日はとあるお店に行ったが振られてしまったので、そこからかなり久々の『本竃』に来店。

金曜日ということで込んでいるものかと思っていたら、意外とガラガラでちょっとびっくり。
前回は待合室でだいぶまったんだけど・・・。

まー待たなくていいのはいいことなので、とりあえず何を注文しようか。

前回はたしか『海老ワンタン麺 醤油味』をいただいたので、今回はその塩バージョン『海老ワンタンメン 塩味』850円をオーダー。ついでに『豚バラごはん』290円もオーダー。

待たずに『海老ワンタンメン 塩味』
017005a9c60e370a2f40f9f561a4b69ee75906e824
持ってくるまでにだいぶゆすられたのか、盛り付けがちょっと残念な感じ・・・。
食べる前にけっこうテンション下がるなー。

具材はチャーシュー、海老ワンタン、海苔、メンマ、スリムネギといった感じでしょうか。

まずはスープから。
んー豚骨、鶏、魚介などいろいろな旨みが重なりすぎて、返って味の輪郭がぼやけた感じがします。
旨みが濃すぎて飽きるパターンかな・・・。
旨みがたくさん出ているからって美味しいかといわれるとそうでもないんですよね。
やっぱりその旨みの質だったり、その組み合わせによって美味しいと感じたりそうでなかったり、なかなか難しいですね。

塩ダレは角がなく比較的マイルドな感じで悪くはないのですが、出汁と合わさることでなんとなくもやーとしてしまい、しつこい味わいに感じますねー。
もうちょっとシンプルに引き算して特定の旨みを際立たせた方が、美味しくなるのでは?と素人ながらに思いました。余計なお世話ですが。

そして麺は中細麺。
01f2a70411bfa40e96f0bd8e2947428b79e766f383
こちらは柔らかい口当たりながらも程よい弾力を残しており、小麦の旨み感じるおいしい麺ですね。
スープとのなじみも良く、しっかりと旨みを引き上げてくれます。
これはなかなかいいですね。

メンマはかなり歯ごたえを残した仕上がりとなっており、その食感がなかなかいいアクセントですね。
海老ワンタンはプリッと丸々海老自体の食感が楽しめて美味しいですね。
0166ef3961c02d7270a54e4b051e8545ad3fa62dcc
バラチャーシューはいたって普通。

途中までいただいてやはりスープが飽きてきましたね。
清湯ながら珍しく完飲することなく終了。

今度は『豚バラごはん』

んっ豚バラというか赤身の部分はほとんどなく豚脂のみ。
その豚脂がゼラチン化していますね。
頼んでなんですが、マックス苦手でした。01f23aaafd8416887bab7733127c51c0bcf0730d61
んー好きな人は好きなんでしょうが、自分はまったく駄目。
注文したことを後悔しつつ、お会計を済ませ店を出ました。

なんとなく不完全燃焼な今週の締めくくりとなりました。

『本竈』
住所    仙台市宮城野区岩切字大前56
営業時間  平 日 11:30~21:00 土日祭 11:00~21:00
定休日    ほぼ無休
駐車場    有(かなりひろい)
WEB   http://www.honkamado.net/
Twitter  https://twitter.com/honkamado
       https://twitter.com/honkamado_q


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら