『豚つけそば』|麺屋とがし 龍牙

今週も仕事忙しすぎで、なかなかラーメンをいただけない日々が続いています。
今日も忙しく遅い帰り。
なんとか、10時まで営業の『麺屋とがし 龍牙』に滑り込み。

かなりお腹も空いていたので、新レギュラーの『豚つけそば』をガッツリいただくことにしました。

『豚つけそば』は並盛200g、大盛300gが830円と同料金。
とがし系列は基本的にお高めな価格設定なので、かえって並盛りの値段を下げていただいた方が食べやすい感じがしますね。
ちなみに特盛、400gは100円増し。


同料金なので、とりあえず大盛『豚つけそば』をニンニク普通でオーダー。

しばらく待って
『豚つけそば』

015868e7438492d5b593a46ef121d9425e6a77babd.jpg

トッピングはモヤシ、ネギ、豚コマ、チヤーシューとほぼ『豚そば』に近い感じで、麺はこのもやしの下に隠れている様子。

つけ汁の方はトッピングはなく、つけ汁のみのようです。

01189d2dd2c0be17d2effd2e6982879f020f66bd70.jpg

まず、つけ汁のお味見。
つけ汁は見た目、かなり油分が多く、表面を油が厚く覆っています。
中には背脂もけっこう浮いてますね。
一口いただいてみると、んっ?
かなりしょっぱいというか、塩っ辛い。
海水?を飲んでいるようなレベル。
そしてやはりかなり油感が強い感じです。
ベースは豚そばと同じスープの様ですが、そこにプラスしているかえしの量というか塩分の濃さが半端ない感じです。

麺はゴワゴワ系ではなく舌ざわりのいい柔らかな中太麺。

01e044b6b47c6b7fa6122982c9a52729e3ef0a6f9c.jpg

ただこれが、麺の上だけではなく、麺自体もモヤシと混ぜて盛り付けてあるため、かなり箸でつかみずらいかなー。
これをつけ汁につけていただいてみると、やっぱりしょっぱい。
旨味がどうこうという以前に塩っ辛く舌がヒリヒリ。
返しの分量間違えたんじゃないの?って本気で思いました。

なんとか麺のみ完食。
極力つけ汁につけない様にしていただきました。
そんな感じなのでつけ汁はスープ割りなどもすることなく、そのまま残すしかない(*_*;

んーなんかかなり残念な感じの一杯でした。
『豚そば』スープに油を増して、味を濃くした付け焼き刃的なつけ汁といった印象。
個々のクオリティーや全体的なバランスも今までになくどうかな?って感じの仕上がりですね。
あくまでも個人的な好みの問題はありますが、自分的にはもういいかなって感じなので、再食は無いですね。
『麺屋とがし 龍牙』の『豚そば』系はけっこう好きでしたが、これは、、、んー。

本店の新レギュラーにしてもそうですが、なんとなく自分の求めている方向から遠ざかっていく印象が強い最近のとがしを、象徴する一杯だったような気がします。

ご馳走様でした。

「麺屋とがし 龍冴」
住所   仙台市若林区新寺2-1-1 サンシャイン菊平ビル 1F
営業時間 平日  昼の部 11:30~14:30 夜の部 17:30~22:00
土日祝 昼の部 11:30~15:00 夜の部 17:30~21:00
定休日  無休
駐車場  有(1区画増えて現時点で3区画、満車の時はコインパーキング利用)


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら