番外『塩魚汁そば』|うろた

今日は用あって福島。
折角なのでラーメンもいただきたいと思います。

伺った先はずっと行きたいと思っていた『うろた』

言わずと知れた福島の超有名店ですね。

お店は大通から入った一方通行の左手。
なかなかこの辺りは昭和的な雰囲気が残るノスタルジーなエリアですね。

駐車場はないので、近くのコインパーキングへ。

店前には並びがありましたが、スルスルっと店内へ。

今回は『塩魚汁そば』750円に煮卵100円をプラスでオーダー。

『塩魚汁そば』斬新なビジュアルですねー。
でもちょっと盛付けが雑というか、麺が何本も丼から下に垂れてました。
結構テンション下がります。
こちらは修正後(笑)

具材は見ての通り盛り沢山。
チャーシュー、メンマ、赤ねぎ、カラスミ、そして三つ葉が彩りを添えます。

説明書きには鶏のみからとったスープに、煮干などの乾物が加えられており、タレは鮎100%で作られた魚醤とハタハタ100%でつくられたしょっつるを合わせたものとのこと。

では綺麗に澄んだスープを。旨味がすごい。
ベースの鶏の旨味もさることながら、それを押しのけるように魚介系のうまみが口の中に広がります。
スープとタレそれぞれの旨みが重厚で、ちょっと旨過ぎな印象。

麺は細ストレート。こちらも並々ならぬこだわりが感じられます。
この細さにもかかわらず、しっかりとした食感があり、噛み切る時のパツンとした歯ごたえも心地いいですね。
とても美味しい麺ですね。
スープの絡みも抜群によくスープの旨みをしっかりと拾い上げます。

チャーシューはイタリア産の特別な豚を低温調理したもの。 こちらもレアな食感の中に内包する旨味が強いですね。
塩味も強めに効いています。
これが4、5枚ありました。
全部のせ?にした覚えはないんですが全部のせってくらいの量でした。
たぶん間違われてきたのでは・・・。
さらに親鶏のようなコリコリとした食感が美味しい鶏チャーシューも入ってました。こちらも旨し。

赤ねぎは程よい辛さとともに清涼感をもたらしてくれますね。

穂先メンマも柔らかくて美味しいです。

ただ終盤にかけては、美味しいにもかかわらず、かなり飽きてきました。
なんと言うか、スープ自体の旨み、タレの旨み、スープに溶け出した具材が内包する旨み、具材の旨み、それぞれの旨みが重なり、あまりにも重厚な旨みのオンパレードに逃げ場がなく、食べることに疲れてきました。

「食べるなりに舌先で感じる美味しさは、舌先と直結した脳で感じる喜び」ととある本にありました。
あまりにも脳で感じる直接的な美味しさが多すぎると、それを感じる脳も疲労困ぱいで、初めは美味しく感じられますが、食べ進むにつれて疲労を感じていきます。
今回の『塩魚汁そば』はとても美味しいとは思いますが、個人的にはやり過ぎというか旨みの詰め込み過ぎという点ではバランスを欠いた一杯に感じられました。
人それぞれ感じ方はイロイロだと思いますので、あくまでも個人的な感想です。
ただ、先鋭的で興味深い一杯だったのは確かなので、機会があったらそのほかのラーメンもいただいてみたいと思います。
ご馳走様でした。

『うろた』

住所   福島市新町3-14 上州ビル 1F
営業時間 11:00~14:30 17:30~21:00
定休日  水曜日
駐車場  無(近くのコインPあり)



ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら