限定麺『剛の煮干そば』|ラーメン みなもと屋

超ご無沙汰の『みなもと屋』にやってきました。
ほんと久しぶりです。
確か店長が変わってからは一度もきていないので、、、。

今日はなんかすごい気になってしまった限定麺『剛の煮干そば』を食べにきました。

「無骨な煮干しそば」というのに惹かれますね。

それにしても最近ニボ主体のラーメンを出すお店が増えてきましたね〜。
ちょっと前までニボニボしているだけで斬新な感じがありましてが、今となってはいたって普通に感じます。

さてさて今回の『剛の煮干そば』はどんな感じでしょうか。

きました〜
『剛の煮干そば』
0106867e873bc323806582ac72fcb2be5a0020d1cb
真一文字のチャーシューが丼からはみ出してますね〜。
その他ネギ、メンマ、海苔がトッピング。
なんとも男らしい出で立ちです。

そしてニボニボしい香りが立ち上ります。
スープを一口。
んっしょっぱい。
かなりしょぱいというか塩辛いと言うべきか。
これは煮干し由来の塩分なのでしょうか。

煮干しの味わいは旨味というよりも、そんな高尚なものではなくダイレクトに煮干そのままといった感じです。
かなり乱暴なバランス度外視の吹っ切れた感のあるスープですね〜。
これは食べてを選びますね。
でも自分的にはけっこう期待していたイメージに近かったのでそれなりに満足。
まーわかって食べる分にはいいですね(笑)

そして麺。
01d47b4a474e4e2185c3e82a0fe450f9b83b26a3ac
しっかりと縮れが入っています。
かなり無骨なゴワゴワ麺。
こういうの嫌いじゃないですね。
たしかにこのスープにはこれぐらいの麺でないとたいこうできなさそうですね。
麺と一緒塩分もけっこう上がってくるのでこれまたしょっぱいです。

そしてチャーシュー。
こちらはしっかりと炙りが入って香ばしい風味があります。
肉は柔らかく、甘みが感じられます。
特にしょっぱいスープのせいか、かなり甘味を感じます。
チャーシューが箸休め的な感じです。

メンマ材木のようにごろっとしてますが柔らかいですね〜。

さすがに食べ進めていくと飽きてきちゃいますね〜。
まーでもそういうラーメンだと割り切って完食。
その後に飲んだ水がとても美味しく感じられました(笑)
まーこれこそレギュラーはあり得ないので、限定にふさわしい一杯かもしれません。
煮干好きならこういったラーメンも一度味わってみて損はないですね。
ご馳走様でした。

『ラーメン みなもと屋』
住所   仙台市太白区西多賀2-17-5
営業時間 11:00~15:00 17:30~22:00
定休日  無
駐車場  有(店舗の手前側と奥側にあります


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら