『丸得味噌らぁめん』|らぁめん一番星


21時を過ぎても行けるお店ってなかなか無いんです。
そして会社を出たのがジャスト21時。
たしか21時30分までだったような気がするけどはたして、、、。
急いで恐る恐る八幡へ。

一番星の暖簾がネオンに照らされ揺れています。

伺ったお店は大崎八幡宮からほど近い『らぁめん一番星』
かなり久しぶりですね。

夜営業が不定期な時期があったりしたので、何と無く足が遠ざかってたんですよね。

この時間、さすがに待ちもなく店内へ。

メニューは『らぁめん』『味噌らぁめん』『つけ麺』『汁なし』といった布陣。

今日はその中から『味噌らぁめん』をチョイス。
せっかく久しぶりなので、その全部のせに当たる『丸得味噌らぁめん』910円をオーダー。

『丸得味噌らぁめん』
豪華!
海苔3枚、チャーシュー3枚、メンマ、ネギ、煮卵と麺が見えないほどの具沢山。

まずはスープからいただきます。風味豊かな節系の芳香を追いかけるように、手間暇惜しまず炊き上げられた豚骨の旨味が口の中に広がります。

丁寧な下処理の賜物、臭みなど皆無でとても上品な仕上がりの豚骨スープですね。
豚骨自体も出過ぎることなく魚介とのバランスで美味さを醸す絶妙な仕上がり。
味噌も突出することなく、旨味にたおやかディティールをあたえ、スープ本来の旨味を引き立てています。
微かに香る生姜も美味さを後押ししてますね。

豚骨スープ、しかもダブルスープともなると重量感のある仕上がりをイメージしますが、意外とライト(自己基準)で食べやすい。

麺は太め、平打ちストレート。 加水率高めでツルリとした麺肌、そして程よくコシもあり美味しい麺です。
ただもう少しスープの持ち上げがあってもいいかなと感じました。
スープの粘度も高くないため、このツルリとした麺肌だとスープが絡みづらいのかもしれませんね。
バランス次第で、麺とスープの一体感がさらに高まるとともに、美味さのシナジー効果が期待できそうな印象を受けました。

とは言え充分美味しいです。

チャーシュー。
柔らかく、スープの旨味を含んで美味しいですね。
メンマは大振りながら、食感を損ねることなく柔らかく満足度が高いですね。
こちらも丁寧な仕事ぶりがうかがえるクオリティでした。

そして海苔3枚。
大判の海苔って意外とどうしたらいいものかといつも考えてしまいます。
しかも3枚。

せっかく3枚もあるので、『ご飯小』を追加注文。

これが小にもかかわらずかなり盛りのいいご飯でした。

役者はそろった感じですね。
海苔にスープの旨味を含ませオンザライス。
さらにチャーシューも、、、。
即席海苔チャーシュー丼。しかも100円。
こちらも至福のひとときを感じる美味さでした。

最近何かと忙しく、疲れ気味でしたが、おなかもココロも満タンになりましたね。

またちょくちょくお邪魔したいと思います。
ご馳走様でした。

ちなみに最近のメニューはこちら。
いつの間にか少し価格↑していたようですね。

『らぁめん一番星』
住所   宮城県仙台市青葉区八幡5-1-12
営業時間 昼11:30~14:30 夜18:30~21:30
定休日  日曜、祝日
駐車場  店舗脇5台


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら