『アブラそば』|らーめん くろく

今日は仙台駅東口にある『らーめんくろく』に行って来ました。
この前は『しお』をいただきました。
さて今日は何にしようか。

未だ未食は『アブラそば』『つけめん』のみ。
今日はかなりお腹が空いているのでガッツリ気味の『アブラそば』800円をいってみようと思います。

ニンニクとマヨネーズの有無を聞かれどちらもオン。

『らーめんくろく』でジャンクな『アブラそば』はかなり違和感ありますね(笑)

『アブラそば』

011c4130feba93979b8a5a8835d1d8fb0fa843dd2b.jpg

やはり『らーめんくろく』『アブラそば』はオシャレな仕上がりですね。
これだと女性も食べやすいかもしれませんね~。というか、けっこう女性が『アブラそば』をオーダーしていたのでちょっと驚きでした。

トッピングは、ネギ、チャーシュー、モヤシ、崩したゆで卵、メンマ、糸唐辛子といった感じ。

麺には初めからタレがあえてあるようです。
とりあえずまぜまぜする前に麺だけいただいてみます。
麺は中太麺で、見た目しっかりとした噛みごたえがありそうに見えますが、比較的柔らかめの程よい弾力。

011a6770117c73fa7dd4572c36fbb34eb9e11a159a.jpg

カツオなどの節系の旨味が油と一緒に麺に絡まります。見た目ほど濃い味付けではないですが油感はけっこうありますね。

そしてしっかりとまぜまぜ。
モヤシやメンマはしっかりと味がついているので、それらが麺と混ざり合うことにより、麺だけでいただくよりさらに味も濃くなりつつも、変化というよりは一方向に強くなる感じですね。

モヤシやねぎの食感がいい感じです。
チャーシューもホロホロと柔らかく旨い。
マヨネーズはこだわりの花兄園ということもあり、酸味の効き具合も上品な感じで、それほど全体的にマヨネーズに味か支配されてしまう感じでもありません。

ただ食べ進めて行くと、いい意味で麺の味付けと、トッピングの味が一方向にまとまっているためか、味に変化がなく単調で次第に飽きてくる感じもありますね。

ジャンク系とはいえサクッと完食。
量的なボリュームはさほど感じませんが、油と調味料がかなり強めなため、これぐらいで丁度いいのかもしれません。

あとは『つけめん』をいただくとコンプリートですね。

まーでもここまで『らーめんくろく』のメニューを食べて来て、一番のオススメはやっぱりスタンダートな『醤油』かな~という感じですね。鶏と醤油の旨味がストレートに、味わえてお勧めですね。
その他のメニューも美味いながらも大衆向きというよりは、どこかマニア向けな感じが強く、自分も一度食べればいいかなーという感じです。

今日もお腹も心も満たされて完食。
ご馳走様でした。


『らーめん くろく』
住所    宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12
営業時間  昼11:30~14:00 夜19:00~24:00
定休日   月曜日
駐車場   無(コインパーキング利用)
Twitter  https://twitter.com/Ramenquroku


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら