『味噌そば』|中華そば煖々

六丁の目『中華そば煖々』に行ってきました。
これで3度目ですが、開店時間間際にお邪魔するとさほど混雑することもなく、ゆったりといただけるように感じます。

今まで『醤油そば』『まぜそば』といただいてきましたので、ここは順当に『塩そば』をいただこうと思って券売機の前に立ったのですが、どうしても季節がら味噌ラーメンが気になってしまい結局『味噌そば』850円をポチッと。

『味噌そば』
見るからに美味しそうです。
具材はネギ、三つ葉、チャーシュー、穂先メンマ、糸唐辛子。

まずはスープ。レンゲですくうとサラッとしています。
口に含むと独特の味噌の風味が広がります。
ほんのりと感じるビターなコクと柔らかな甘み。
味噌自体が持つ旨味もかなりしっかりとしています。
ここら辺ではあまり無いタイプの味噌ラーメン。
通常の赤味噌というよりも、八丁味噌のような長期熟成した独特のコクのある旨味を感じます。
味噌の風味が強いので直接感じる出汁の味わいは控えめですが、ベースの旨味がしっかりとしているのは、この味噌の風味の立ち上がり方から十分感じ取ることができます。
むしろ旨味を抑えることで独特の味噌の風味味わいが際立ち、よりこの個性的な美味しさを引き上げています。

麺は縮れの入った中細麺。この麺も美味しい。
プリっとした麺肌。
適度に歯を押し返し、ブツッときれる独特の食感がいいですね。
麺自体の味わも良く、個性的な味噌スープに埋没することなくしっかりと存在を誇示しています。
この味噌スープにこの麺が加わることでより個性的な旨さに拍車がかかりますね。

一手間加えたネギの食感もいいですね。

チャーシューは鶏と豚。鶏チャーシューはしっとりとして美味しいですね。
最近鶏チャーシューを提供するお店が増えていますが、開店当初はしっとり美味しかったのに、期間がたつにつれて火入れ具合の微妙な加減で、パサつきが出たり硬かったりと、クオリティが下がっているのを散見します。
どんなに繁盛店になっても、このクオリティを落とさず維持し続けて欲しいですね。
チャーシューだけに限りませんが・・・。

豚は肩ロースあたりでしょうか。
ホロホロと柔らかく肉の旨味もしっかり。
どちらも秀逸でした。

穂先メンマも柔らかくスープがよく馴染んで美味しいですね。

全く付け入る隙のない美味しさ溢れる魅力的な一杯でした。
今度は『塩そば』と行きたいところですが、この『味噌そば』のボタンを押してしまいそうです。
ご馳走様でした。

『中華そば煖々』
住所   仙台市若林区六丁目字左近掘2-25
営業時間 月~土 11:00~14:30 17:30~20:00(スープなくなり次第終了)
     日 11:00~15:00
定休日  水曜日
駐車場  店前2台、店後2台、他3台
Twitter https://twitter.com/dan_dan0611


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら