『塩そば』&『和牛ステーキ丼』|こいけ屋

​連日、雨、雨、雨。
すっかり梅雨ですねー。
このジメジメっとした気分を晴らすのはラーメンしかないっ!(笑)
ということで荒町商店街の『こいけ屋』に行ってきました。
今日はお昼に伺いましたが、店前には並びあり。

この前は『醤油らーめん』をいただきました。
冷し系にいきたいところですが、そちらは温存しておいて塩をいただきたいと思います。

『塩そば』『醤油らーめん』のようなバリエーションがなく『塩そば』一本のみ。
価格は800円と『醤油らーめん』680円に対して高めの設定となっています。
まー取り合えず『塩そは』800円をオーダー。
ついでにラーメン以上に気になっていた『和牛ステーキ丼』400円もオーダー。
今回の部位はランプのようですね。

『塩そば』20160625_232847855_iOSキレイな盛り付けで着丼。
具材はネギ、メンマ、水菜、チャーシュー、煮卵、海苔となっています。

まずはキレイなスープからいただいてみます。20160625_232935368_iOSん〜染み入りますね〜。
『醤油らーめん』と同じく、ノドグロ煮干など魚介出汁の滋味が引き出された上品で優しい味わい。
かえしは塩角がとれたまる味のある味わいとなっており、出汁の旨味に柔らかな輪郭を与えながら寄り添っています。

『醤油らーめん』は優しい味わいの中にもかえしの力強さとキレか感じられましたが、『塩そば』は全体的に柔らかい感じですね。

麺については以前は「乃木製麺」の特注麺となっておりましたが、現在は営業を休止していることに伴い別な製麺店の麺となっています。
今回の麺は中細ストレート麺。20160625_232916698_iOSエッジの効いたやや加水率高めの麺となっております。
麺肌はツルツルとしておりすすり心地は悪くないですね。
加水率高めながらもやや固めに茹でてあることもあり、程良く食感もあります。
スープとの絡みも悪くはないとは思います。

ただ良くもなく悪くもなくといった感じで、逆を返すと主張が乏しくスープの旨味に対して見劣りしている感が少なからず感じられ、かといって脇役にも徹しきれない曖昧な感じが否めません。
急に「乃木製麺」からの仕入がストップしたことによる代替麺と思われるので、今後改善が重ねられていくのではないでしょうか。

細くスライスされたネギや水菜は、麺と一体となりシャキシャキとした食感が生まれ、なかなかいいアクセント。
チャーシューは肩ロースでしょうか。
旨味の濃い部位ということもあり、噛み締めるたびに肉の旨味が感じられます。
煮卵は黄身が濃厚で美味しいですね。
メンマはクセのない味わい。

『塩そば』は同じノドグロ出汁の『醤油らーめん』とは、違った味わいが感じられ楽しめました。

『和牛ステーキ丼』も美味しかったですね〜。20160625_233024758_iOSランプということで柔らかな肉質、噛み締めるたびに溢れる旨味、鼻腔を抜ける山葵の風味が甘辛ダレのかかったごはんと抜群の相性。
ご馳走様でした。

『こいけ屋』
住所   仙台市若林区荒町153
営業時間 平日  昼の部 11:00~15:00 夜の部 17:00~22:00
定休日  不定休(詳細はツイッター又はブログを確認)
駐車場  無し(近隣のコインパーキング利用)
twitter https://twitter.com/magokorobase


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら