『川俣シャモそば』|こいけ屋

またもや荒町商店街の『こいけ屋』へ。
しばらく試作で提供されていた『シャモそば』が『川俣シャモそば』とネーミング新たに本格的に提供され始めたようなのでそちらをいただきに。

ということで『川俣シャモそば』800円をオーダー。

ちなみに全のせの
『川俣シャモそばbeyond』は1000円。
『川俣シャモ茶漬け』は300円。

『川俣シャモそば』川俣シャモそば|こいけ屋具材は鶏チャーシュー、鶏つくね、穂先メンマ、カイワレ、スリムネギ、海苔と盛り沢山。
立ち昇る軍鶏のアロマが導くアプローチ。
自然とレンゲを手に取ってしまいますね。

透き通ったスープは、口の中に含んだ途端に身体のスミズミまで軍鶏の旨さがいき渡りますね。川俣シャモそば|こいけ屋適度な温度に調整されたスープは、あっさりとしつつも鶏とは異なる深いコクと旨味に溢れ、口に運ぶ度に滋味深い味わいに癒されます。
口当たりは緊張感のあるキレのある味わいですが、次第に幾重にも旨みが押し寄せたかと思うと、余韻を残しつつ喉の奥へ消えていきます。
これは後を引きますね~。

軍鶏出汁の旨さ、良質で癖のない脂、そしてスープの的確な温度、それぞれのバランスが保たれることによって、アッサリとしつつもキレのあるコク深い旨みを一体で感じることができます。

また塩加減も絶妙ですね。
軍鶏の旨味を刺激し、「純粋」な川俣軍鶏の旨味を引き出しています。

麺は中細ストレート。川俣シャモそば|こいけ屋全粒粉が加えられた麺は、パツンとした歯切れの良さに加え風味も豊かでかなり美味しいですね。
スープの絡みはやや控えめなあたりが逆に調度良く、軍鶏の旨味と麺の旨味が互いに引き立てあう絶妙なバランス。
この麺は磨けばさらに美味くなりそうな予感がします。

鶏チャーシュー。川俣シャモそば|こいけ屋噛み締めると薬膳的な独特のアロマが口の中に広がりますね。
これは川俣軍鶏特有のフレーバーなのかも知れないですね。
味わい深く美味しいです。

鶏つくねもいいですね。
大葉の清涼感、酸味、軟骨のコリコリ感などいろいろ楽しめる仕上がりとなっています。
穂先メンマもサクッとした食感を残した仕上がりでいいアクセント。

あっという間に完食。
美味しかった~。
楽しめましたねー。
味わい深くもサラッとしているので、食べた後も爽快です。
良いものを腹に入れたー!って感じがします。
お腹も、ココロもいい心地です。

ご馳走様でした。

『こいけ屋』
住所   仙台市若林区荒町153
営業時間 平日  昼の部 11:00~15:00 夜の部 17:00~22:00
定休日  不定休(詳細はツイッター又はブログを確認)
駐車場  無し(近隣のコインパーキング利用)
twitter https://twitter.com/magokorobase


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら