『汁なし担々麺〜ふよう〜』|こいけ屋

今日は荒町にやって来ました。
お邪魔したのはけっこう久方ぶりの『こいけ屋』ですね〜。
気になったメニューがあったのでそれをいただきに!

そのメニューとは『汁なし担々麺〜ふよう〜』
ふようって一体なんでしょうね。
なんか意味はあるんでしょうが、まーそこは気にせず『汁なし担々麺〜ふよう〜』750円を発注。

こちらは辛さと痺れが、なし、小辛、中辛、激辛と4段階。
今回は辛さ痺れともに中でお願いしました。

『汁なし担々麺〜ふよう〜』01efe063a936dac0f388153405f2c823d3596803b5トッピングはシンプル。
ネギ、スリムネギ、肉味噌。

麺は横に平たいタイプのエッジの効いた中太麺。0191cebfc1277eb51f805de7a589d87bf345ccf987同じものを最近どこかで見たような。

しっかり混ぜてくださいとのことなので、この麺と丼の底のタレをあえるようによ〜くまぜまぜ。

ではいただいてみます。
はじめにやって来たのは痺れ。
感覚が麻痺するような痺れではなく、鮮烈で爽やかな痺れが程よく口中に広がります。
辣油の辛味は痺れから比べると穏やかな感じで、痺れに重心が乗ってる感じがします。

そしてそのカラシビを胡麻の旨味が下支え。

全体的なバランスとしては痺れ辛さが先頭に立った感じでそれをゴマの旨みが少し離れて支えてる感じですかね。
辛さ痺れの段階を変えるとまた違ってくるんでしょうけど。

麺は滑らかな舌触りとともに、しっかりとした弾力がありなかなか美味しいですね。
たしかこちらも乃木製麺だったでしょうか。

タレの絡みはまーまーでしょうか。

そして3分の2ぐらいを食べきったところで、ナンニョンメンマ?なるものを投入。0162dc0f054c45560c25d63235351502badb7a1c31けっこう劇的に味変が起きてびっくりしました。
今までカラシビ主体だった味わいが、一気に旨みが際立ったものに変化。
これにはびっくりしましたね〜。
また麺が少なくなってきたところにメンマを投入したことで、食感にも変化が加わりさらにいい感じです。

色々と楽しみながら完食させていただいました。
普通盛りながらも麺量が多く、ボリューム的な面でも満足度が高いですね。
逆に大盛りや、ご飯物を頼まなくて良かったと感じましたね。

今度は以前食べた時とはだいぶ違って見える『こいけやタンメン』をいただきに来たいと思います。
ご馳走様でした。

01ebb0080158f0fcb745b51709694340bb3943593f
「こいけ屋」
住所   仙台市若林区荒町153
営業時間 平日  昼の部 11:00~15:00 夜の部 17:00~22:00
定休日  不定休(詳細はツイッター又はブログを確認)
駐車場  無し(近隣のコインパーキング利用)
twitter https://twitter.com/magokorobase


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら