『白ふじそば』&『〆の肉飯』|荒町商店中華そばふじやま

またもや​『荒町商店中華そばふじやま』に来店。
お店前のPはうまっていたのでコインPへ。
お店脇の指定Pは入るときも出るときも難易度が高いので・・・。

前回は『追いサバ節そば』をいただきましたので、今回は『白ふじそば』をいただきたいと思います。
ついでに『〆の肉飯』も。

ということで、今日は『白ふじそば』680円と『〆の肉飯』200円をオーダー。

『白ふじそば』『白ふじそば』&『〆の肉飯』|荒町商店中華そばふじやま透き通ったスープからは煮干しのいい香りが立ち上りますね。
具材はレアチャーシュー、メンマ、スリムネギ、海苔といったところ。

ますば澄んだスープから。『白ふじそば』&『〆の肉飯』|荒町商店中華そばふじやまふくよかな煮干しの旨味が感じられます。
それを包み込むような柔らかな塩加減。

低温で抽出された煮干しは、エグミや苦味などは皆無で旨味だけがストレートに感じられる上品な味わい。
動物系不使用とのことですが、意外とズッシリとした旨味があるんですよね〜。
あっさりとした口当たりながらも油は多めだからでしょうか。
そのためか食べ進めていくにしたがい煮干の輪郭がぼやけてくる感じが若干ありますが充分美味しいですね。
ただ、もう少し油分を除いて煮干の純な旨みをダイレクトに味わいたいかな~という感じもします。

麺はストレートの極細麺。『白ふじそば』&『〆の肉飯』|荒町商店中華そばふじやまザクザクとした噛み応えが印象的ですね。
一度につかむ麺の数が多いこともあり、スープの持ち上げは抜群にいいですね。
まーなかなか個性的な麺なので、好みの分かれるところでしょうか。
自分的にはたまにこのタイプの麺も悪くないかなーと思っていただきました。

メンマは穂先メンマ。
かなり柔らかな仕上がりとなっており、味つけも強めですね。

チャーシューはかなりレアレアな仕上がり。『白ふじそば』&『〆の肉飯』|荒町商店中華そばふじやま肉の旨味充分で美味しいですね。
しかも3枚も。

いろいろと楽しみながら完食。

そして『〆の肉飯』『白ふじそば』&『〆の肉飯』|荒町商店中華そばふじやま角切りされたチャーシュー、穂先メンマが盛り沢山。
そしてチューブわさびか添えられています。
半分はそのままいただき残り半分はスープをかけていただきました。

具材はそれぞれ美味しいのですが、ご飯との一体感的は微妙なので丼としての完成度はもう一歩。
ですが、まー200円と考えると相当コスパはいいので、また頼んでしまいそうになる一品ですね。

ご馳走様でした。

『荒町商店中華そば ふじやま』
住所   仙台市若林区荒町171
営業時間 月~金 11:00〜14:00 17:30~20:00
     土日  11:00~15:00
定休日  Twitterで確認
駐車場  有(店舗前2台 店舗脇3台)
Twitter https://twitter.com/aramachifujiya1


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら