『貝潮そば 塩』|麺屋くまがい

鶴ケ谷に行っていました。
『麺屋くまがい』ですね。
先週はタイミングが悪くかなり並んでいたので、スルーしてしまいましたが、今日はさほど並ばず食べれそうです。

店内に入ると、鶏のいい香りが迎えてくれます。

『麺屋くまがい』では、今まで麺を製麺屋さんから仕入れての提供でしたが、最近、自家製麺に切り替わったとのことなので、早速気になって行ってきました。

ここしばらく『貝潮そば』を、また食べたいと思っていたので、『貝潮そば』をチョイス。
醤油、塩が選べるようになったようなので、今回は塩で。

ということで、『貝潮そば 塩』780円をオーダー。

『貝潮そば 塩』『貝潮そば 塩』|麺屋くまがい以前食べた時のビジュアルとはだいぶ変わった感じがします。
具材はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、カイワレ、スリムネギ。

先ずはスープから。20161123_125046139_ios塩ダレはキレのある口当たりで、それを包み込むように貝の旨みがひろがりをみせます。
コハク酸の余韻の長い旨みが特徴的ですね。

前回はスープを口に含んだ途端、貝の旨みが体内に染みていくような優しく繊細な味わいという印象がありましたが、今回はやや力強い味わいに感じられます。
塩ダレ、醤油ダレ共用のスープということや油の使い方などからなのか、以前とはまた違った味わいですね。

麺は自家製麺。『貝潮そば 塩』|麺屋くまがい エッジのきいたスクエアタイプの中細ストレート麺。
麺肌はやや粒子感のある仕上がり。
かなりパツンとした方向に振り切った食感で、噛みしめるたびに、麺のブチ切れる音が聞こえそうなくらい強い弾力があります。
スープの旨みもしっかりと持ち上げてくれますね。
美味しい麺ですね。

ただ、全体的なバランスとしてはスープの印象を圧倒する麺の存在感が少し気になりました。
濃厚系とは相性が良さそうですね。
まだ、自家製麺に切り替わったばかりなので、これからいろいろと試行錯誤の上、製麺技術も向上し、ますますおいしく変化を遂げていくものと思われます。

チャーシューは何となく昔懐かしさを感じる仕上がりで好きですね。
淡白な感じかと思えば噛み締めるとしっかり肉の旨みも感じられ美味しいです。

今度は『貝潮そば 醤油』で、太麺も試してみたいですね。
ご馳走様でした。

『麺屋くまがい』
住所   仙台市宮城野区鶴ヶ谷1丁目8-16
営業時間 昼営業 11:30~(130食売り切れまで)
このブログを書いている時点だと、平日休日問わず15時前後で完売しているようです。
夜営業(平日のみ) 18:00~20:30
定休日  水曜日
駐車場  有(店舗前5台、第二駐車場11台)
※以前の2軒隣の月極め駐車場に4台は麺屋くまがいの契約駐車場ではなくなったのでご注意ください。

☆彡駐車場に関する注意事項はこちらの店主からのツイートを確認ください☆彡


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら