『醤油らーめん』|こいけ屋

今日は久しぶりに荒町商店街にある『こいけ屋』に行ってきました。
最近はすっかり人気店となり、それに伴い閉店時間も早まる一方でなかなか行けずにいました。

今日は早めに仕事が引けたので何とか間に合いましたね。
ただ店内は満席だったのでしばし外待してからIN。

さて今日のオーダーは何にしようか。
メニューを眺めていると『醤油らーめん』のベーススープは以前限定扱いで提供されていた「焼きノドグロだし」に置き換えられたようですね。

『醤油らーめん』は開店当初に食べただけで、現在のベーススープがレギュラーになってからは未食なので新しくなった『醤油らーめん』をいただきたくなりました。
ということで『醤油らーめん』680円をオーダー。

『醤油らーめん』『醤油らーめん』|こいけ屋透き通ったスープに、シンプルな盛り付け。
具材はネギ、チャーシュー、メンマ、海苔、そして水菜が彩りをそえます。

まずはスープから。『醤油らーめん』|こいけ屋んーじんわりと身体に染み入る芳醇な旨み。
ノドグロ煮干の滋味が十分に引き出された上品な味わいと以前にはなかった力強さも加わり美味しいですね。
エグミなどの雑味もなく、ノドグロ煮干しの旨みを中心にバランスよく組み立てられクセのない万人向けの仕上がり。
かえしはキレがあり、しっかりとした醤油とともにほのかな甘みが感じられます。
ただ自分的にはこの甘味を除いたスープにも興味があります。
スープの切れが増すことで曖昧さの無いキリリと緊張感のある味わいとなることで方向性に統一感がうまれ、今まで以上に最後まで美味しくいただけそうな気がします。

麺は中細ストレート麺。『醤油らーめん』|こいけ屋麺肌はツルリとしたエッジが効いた低加水麺で、噛めばややザクザクとした食感。
麺自体の旨みよりも、食感重視な仕上がり。
この麺自体は悪くないのですが、スープとの絡みとなるとあと一歩といった感じで、麺とスープの間に若干の距離感があり、一体感が感じられないのが少し残念。
これだけスープが美味しいので、麺の方がもう少しスープに歩み寄れば、また違った美味さが見えてくるように感じます。

加水率高めのピロピロの縮れ麺や、麺肌しなやかでソフトな噛み心地の中にわずかに芯が感じられるような麺で食べてみたいと個人的には思ったり。
余計なお世話ですいません(;^_^A

チャーシューは肩ロースでしょうか。
柔らかく仕上げられ、噛む度に肉の旨みも感じられ美味しいですね。
メンマは主張しすぎることなく優しい味わい。

いろいろと楽しみながら食べることができるポテンシャルの高い一杯でした。
全てがビシッときまってくるとスゴイことになりそうです。
常に進化を模索している『こいけ屋』なので、今後のさらなるブラッシュアップを期待してしまいます。

今回は『醤油らーめん』をいただきましたが、今度は『塩らーめん』をいただきたくなってきました。
あとこれから始まるであろう冷やし系も楽しみですし、現在試作提供中の『シャモそば』もあり、ますます目が離せない『こいけ屋』でした。
ご馳走様でした。

「こいけ屋」
住所   仙台市若林区荒町153
営業時間 平日  昼の部 11:00~15:00 夜の部 17:00~22:00
定休日  不定休(詳細はツイッター又はブログを確認)
駐車場  無し(近隣のコインパーキング利用)
twitter https://twitter.com/magokorobase


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら