『醤油らーめん』|仙臺麺屋しゃも

今回伺ったのは青葉区山手町にある『仙臺麺屋しゃも』

015d93e5e87e5511854c116f2cc3c57aee433d6549.jpg

このお店が入る前はかなりヘビーローテーションで来ていた場所ですが、その店が店主の体調不良で閉店してしまい、かなり好きだっただけにショックで、次の店舗が入っても何と無く足が向かなかったんですよね。
まーそれだけうまかったんですよね。

で今回伺った『仙臺麺屋しゃも』は駐車場が店前1台だけとかなり厳しい。ただ近くには大型店舗も多いのでなんとかなりそう。

ラーメンメニューは基本的に醤油ベースのみで『醤油らーめん』をベースにトッピングで呼び名が変わります。
そのほか『麻婆つけ麺』『醤油つけ麺』なんかがあるみたいです。

とりあえず今日はベーシックな『醤油らーめん』をオーダーしてみました。

しばらくして『醤油らーめん』

019a9e97223d86b8116fc6242716e9a3670f537e15.jpg

なかなかおいしそうビジュアルですね。
トッピングは、ネギ、スリムネギ、メンマ、チャーシューといったところ。
まずはスープをいただいてみます。
メニューの説明書きには鶏、豚、魚介、乾物で取ったスープとありますが、圧倒的に鶏の存在感が強く、立ち上る香りも鶏!が力強くアピールしてます。店名がしゃもというだけに軍鶏からとった出汁なのでしょうか?
醤油もけっこうしっかりめに効いており、なかなか力強さを感じるスープですね。

麺は細ストレート。

018bbac6e340af3f5ff7eb33b1e05fbdf8fbdf5fa7.jpg

けっこう柔らかめの仕上がりで、麺自体の存在感はあまりありませんが、スープの旨みを引き上げるという意味での仕事はきっちりとしているのではないでしょうか。
とは言え、これだけ個性を放つスープに合わせるのであれば、もうちょっと存在感のある麺でもいいかもしれません。麺自体の味わいも加われば、さらに一つ上の美味さに到達できそうな気がします。

また、チャーシューは豚バラのようですね。
赤身と脂身の食感の違いが、面白いですね。これはこれで美味しいのですが、スープの油分が結構多いので、チャーシューを食べてからスープに戻ると若干重たく感じます。
メンマは結構固めな感じの仕上がりで、まー好みの分かれるところでしょうか。
もう少し細くしてしまったほうが、コリコリとした食感が楽しめていいのかもしれません。

いろいろなことを考えながら、完食。
全体的にまとまりがあり、美味しい一杯でした。
ま~ただけっこう鶏が前面に出ているという点では好き嫌いの分かれるところかもしれません。
ただ、ここまで鶏が突出してるのであれば、鶏一本でもいいような気がしないでもないですが・・・。
醤油もかなり濃い目に効いてますが、その醤油もこの出汁を生かすような使い方ができれば、さらに旨くなりそう。
また、醤油だけだとなかなかもう一回行こうとならないので、塩味で出汁の旨みを引き立てるメニューもあってもいいかな。
まー自分的には、比較的近くに美味しいらーめん屋さんがあることがわかり、なかなか有意義な一杯となりました。
さらなるブラッシュアップを期待しています。
ご馳走様でした。

『仙臺麺屋 しゃも』
住所  宮城県仙台市青葉区山手町26-1
営業時間 月・木~日 11:00~20:00 火 11:00~15:00
定休日 水曜日
駐車場 有(店舗前1台)


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら