『青島ラーメン』|青島食堂 秋葉原店

念願の秋葉原『青島食堂』に行ってきました。
『青島食堂』は新潟長岡の生姜醤油ラーメンの東京初進出店。
仙台でも限定麺で何回か生姜醤油ラーメンはいただいてますが、本家本元の味がずっと気になっていました。
場所は秋葉原駅、昭和口より徒歩5分ほどとアクセス良好。

目立つ看板も無く、側面はシャッターが下りているので一瞬クローズと思いきや、正面にでるとしっかりと営業していました。シャッターは微妙な半開きでしたが・・・。
時間帯が中途半端だったのが幸いし、外待ちはなく店内での待ちのみ。

店内に入り券売機で食券を購入。
『青島ラーメン』800円。

オーダーのコールが独特で、何とも言えない雰囲気の漂う店内の待ち席でしばし待ち。
回転がいいのであっという間に進みます。
多少並びがあったとしても思いのほか進みが早いと思うので諦めず並んでみるべきかと思います。

着席したかと思うと、間をおかず着丼。
『青島ラーメン』ノスタルジーなビジュアル。
真っ黒いスープにチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、ほうれん草、ネギ。

まずはそのスープ。見た目程の塩っぱさはないものの、醤油の味わいが先行。ほんのりと甘みも感じられます。
油分も豊富なのであっさりとした印象を与えつつも野性味溢れる無骨な味わい。
ただあまり生姜感がありません。
もっと生姜が前面に出ているのかと思いきや、隠し味程度の存在感。
味が濃く油分も多いので、もう少し生姜が効いていていれば、ガラッと印象も変わりそうなのですが。
こんなものなのか、それともブレというやつでしょうか。

麺は中太ストレート。つるりとした麺肌、加水率高めで柔らか。
今どきの麺というより昔ながらの懐かしい麺という感じです。

チャーシューは薄切りのものが3、4枚。
醤油の味がしっかりと染み込んでいます。
チャーシューを漬け込んだ醤油がらーめんの醤油ダレになっているのでしょうか。
昔ながらの懐かしい味わいでわりと好みです。

普通盛りだと麺量もさほどなく、あっさりと完食。
とりあえず気になっていた『青島食堂』に行けたということで満足。
でもやはり自分的にはこれから始まるであろう『麺屋くまがい』『生姜ラーメン』の方が圧倒的に好みですね。
ご馳走様でした。

毎年恒例の『麺屋くまがい』の『長岡生姜醤油ラーメン」はこちら

限定麺『長岡生姜醤油らーめん』|『麺屋くまがい』
今日は久々に鶴が谷の『麺屋くまがい』 求めて来たのは『長岡生姜醤油らーめん』 ただいま『麺屋くまがい』では、夜…


『青島ラーメン 秋葉原店』
住所   東京都千代田区神田佐久間町3-20-1
営業時間 11:00~18:00
定休日  火曜日
駐車場  無


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら