『鶏だし生醤油そば』|だし廊

東勝山の『だし廊』に再び来店。
『飛魚だし醤油らーめん』『貝だし塩そば』といただいてきましたので、残るメニューはあと一つ。
『鶏だし生醤油そば』
ということで、迷わず『鶏だし生醤油そば』650円をぽちっとオーダー。
自宅から近いこともあり一気に制覇してしまいました。

『鶏だし生醤油そば』『鶏だし生醤油そば』|だし廊澄んだスープがよく映える美しい盛り付け。
鶏の香りもしっかりと上がってきます。
具材はチャーシュー2種、メンマ、三つ葉、グリーンペッパー。

ではスープからいただきます。『鶏だし生醤油そば』|だし廊やや熱めのスープ温度となっており、キレのある口当たりで余計な雑味や嫌な鶏臭さなどもなく鶏の純粋な旨みを味わうことが出来ます。

『だし廊』のメニュー全般的にいえることですが、それほど強めに鶏の旨みやコクを前面に押し出す感じてはなく一歩引いた出汁の効かせ方となっており、それがスープ温度が下がるのに伴い旨みとコクの深みが増していき終盤に至るまでじっくりと味わうことが出来ます。

最近のラーメンは出汁の旨みやコクを前面に押し出した力強い味わいのものが多いので、それに慣れてしまうと、若干物足りなさを感じなくもないですが、最後まで食べきることを考えるとなかなかいいバランスのように感じます。

醤油も『飛魚だし醤油らーめん』に比べると控えめな効かせ方となっていますが、こちらもみずみずしい醤油と出汁の旨みの一体感が感じられ、美味しいですね。

麺は中細ストレート麺。『鶏だし生醤油そば』|だし廊
パツンとした歯切れの良さと小麦の旨みが程よく美味しい麺ですね。
スープとの相性も悪くないですね。

チャーシューは豚バラと鶏チャーシュー。
これには低温調理の豚チャーシューが入らないのがちょっと残念。
でも鶏チャーシューはやわらかく美味しいですね。

メンマはやわらかくみずみずしい歯ごたえで美味しいですね。

そして自分的に「?」だったグリーンペッパーの実。
一度見失うと探すのがなかなか困難でした(笑)
一粒噛んでみると、爽やかでパンチのある辛みが広がります。
なぜこれをラーメンに入れたのか疑問だったのですが、すぐに解消。
そのあとスープを一口すすると、なぜか出汁や醤油の旨みにくっきりと輪郭が浮かび上がり、今まで食べていたより美味しく感じられ、なるほどな一粒でした。
ミントを食べた後に水を飲んだ時のスースーとした感じのような不思議な感覚でしたね。
これは中盤からの味変には効果的で、なかなか面白い試みですね。

ということであっという間にスープまで完飲。
これで一通りレギュラーメニュー完食ですが、どれも甲乙つけがたいのですが、メニューの並び順に従い左側の『飛魚だし醤油らーめん』から攻めていくのがいいように感じました。
券売機をみるとまだ解禁されていないメニューもあるようなので、今後も楽しみですね。
ご馳走様でした。


『だし廊』
住所   仙台市青葉区東勝山3-5-22
営業時間 昼営業11:30〜15:00
     夜営業 18:00〜21:00
定休日   毎週火曜日、第3日曜日
駐車場 店舗前3台
Twitter https://twitter.com/dashirou1


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら