番外『汐そば』|麺処きなり

今日は仙台ではなく東京。
駒込にある『麺処きなり』にやってきました。

東京駅から山手線内回りで15分ほど。
JR駒込駅東口から徒歩5分とかからない、なかなかの好アクセス。

メニューは『醤油そば』『汐そば』『つけそば』とあるようです。

今日は『汐そば』を750円をチョイス。

『汐そば』番外編『汐そば』|麺処きなり黄金色に輝くスープに色あざかやかに盛り付つけられた具材はネギ、カイワレ、青梗菜、チャーシュー、写真では分かりにくいですが、スライスされた若筍が4枚ほど。
そしてガリが器の淵に添えられています。
面白いですね。

まず黄金色のスープからいただいてみます。番外編『汐そば』|麺処きなりスープには煮干し、サフラン、岩塩などが使われているとのことです。
煮干はほのかに口の中に広がる程度で、どちらかというと表面に浮かべられた鶏油の主張の方が強く感じられました。
そのため魚介系スープというより、動物系スープという印象の方が強い口当たり。
サフランも使用されているとのことですが、味というよりも色合いや香りづけ的な使い方ではないでしょうか。

塩だれは塩角はありませんが強めに効いていて、スープと合わさることで全体として厚みのある味わいを醸し出しています。
何か突出しているものがあるわけではありませんが、バランスの良い美味しいスープですね。

麺は三河屋製麺製の中細ストレート。番外編『汐そば』|麺処きなりつるりとした滑らかな麺肌。
中加水率で柔らかな口当たりながらも、噛み切る手前でモチッとした食感が芯に残るなかなか美味しい麺ですね。
最近は低加水のパツンとした麺が多いですが、この手の麺もしなやかで味わい深く好きですね。
スープとの相性もいいですね。
ほどよく香味油の風味とスープの旨味を持ち上げてくれます。
麺に絡んでくるカイワレの辛味がいいアクセント。

レアチャーシューは肩ロースでしょうか。
しっとりとした食感があり嚙み締めるたびに肉の旨みが溢れる美味しいチャーシューですね。
そして筍。
節の形をしっかり残したままスライスされ筍が黄金色のスープによく映えます。
なんかほっこりとした気分になりますね。
若筍の状態から調理されたようでサクサクとした食感があり箸休め的な存在。
この『汐そば』にはメンマよりも相性が良さそうです。

青梗菜の茹で加減も絶妙で妙にスープにマッチしていました。

どの具材も高いレベルで仕上げられているのが食べ終えたときの満足感を一段階引き上げてくれます。
いろいろな趣向を駆使した一杯といった感じで楽しめましたね。
また機会があったら『醤油らーめん』も試してみたいですね。
ご馳走様でした。

そこからの連食で伺ったのはこちら。

『汐そば』
住所   東京都北区 西ケ原1丁目1−15
営業時間 平日  昼の部 11:00~14:00 夜の部 17:30~21:00
     土・祝 昼の部 11:30〜14:30
定休日  日曜日
駐車場  無し
twitter https://goo.gl/OYsFPz


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら