番外編『中華そば』|二代目高橋商店

秋晴れの行楽日和。
ふらっと思い立って山寺へいってきました。
とうことで、仙台ではありません。

途中「川井亭」でおにぎりをゲットして、登りきったところで食べようと思ってましたが、そんな場所はなくさらに強風で寒く、車の中で食べるという残念な展開。
でも相変わらず主役の米が旨い。

そこから「東根市さくらんぼタントクルセンター」へ。
噂には聴いていましたが、子供を遊ばせるには最高の施設。
これが無料というのが驚きでした。

日も暮れかけ、さて晩御飯はどうしようかと考えつつ、検索してるとかなり近隣に『二代目高橋商店』なる人気店を発見。
何とか家族を説得し、『二代目高橋商店』へ。

開店前15分前に到着。
すでに並びあり。
なかなかの人気店のようです。

開店し店内へ。
すぐ入って右手の券売機で食券を購入する流れ。
メニューは『中華そば』『ワンタン麺』『油そば』『つけ麺』といった感じ。
オーソドックに『中華そば』680円をぽちっと。
ちなみに『中華そば』のみ中盛、大盛が同料金のようです。
といういことで『中華そば』をオーダー。

『中華そば』番外編『中華そば』|二代目高橋商店どこかで見たようなビジュアル。
大ぶりのチャーシュー、ネギ、穂先メンマ、なるとが盛り付けられています。

まずはスープからいただいてみます。番外編『中華そば』|二代目高橋商店煮干しの旨みがよく出ていますね~。
苦み、えぐみなどの雑味も皆無で丸みを帯びた醤油が煮干しの旨みに寄り添う優しい味わい。
また動物系の下支えも感じられ、あっさりしすぎることもなく、しっかりとした味わいがあります。

麺は縮れの入った太麺。番外編『中華そば』|二代目高橋商店こちらもどこかで見たような感じですが、仙台のラーメン好きが想像するあの麺とは全く異なるタイプでした。
加水率高めでプルプルとした舌触り、モチモチとした食感で、比較的柔らかめな茹で加減となっております。
ただ柔らかめの感じる基準が一般的な感覚とはちょっとズレているかもしれませんが・・・。
麺自体の存在が控えめな分スープとの相性も良く美味しいバランスです。

チャーシューは肩ロースでしょうか。
ほろほろとしつつも程よく噛みごたえがあります。
結構濃いめの味付けがほどこしてありますが、肉の旨みも感じられ美味しいですね。

穂先メンマは柔らかい仕上がりで、スープの美味しいわき役に徹した感じでしょうか。

麺量は180gとそこそこですが、麺が柔らかいこともありするっと完食です。
なかなか美味しかったですね。
これを食べたら、久々に煮干しの旨みがワイルドに効いたゴワゴワ麺が食べたくなりました。
ご馳走様でした。

『二代目高橋商店』
住所    山形県東根市中央2-11-7-112 1F
営業時間  昼営業 11:00~14:30 夜営業 17:30~20:00
定休日   火曜日
駐車場   有


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら