番外編『特製中華そば 醤油』|手打式 超多加水麺 ののくら

番外編 東京です。
向かった先は亀有。
都内屈指のラーメン激戦地ながら今まで一度も足を踏み入れていないエリアです。
東京駅から電車で40分ほど。
亀有といえば両さんが有名。
駅前にはそのモニュメントがいくつかありました。

そして亀有といえば『つけ麺道』がまず初めに思い浮かびますが、そこはスルーして向かったお店は『手打式 超多加水麺 ののくら』
手打式&超多加水麺。これだけで食べたい動機づけになりますよね。
と言いつつ昨年から行こうと思いつつもエリア的に後回しにしていたお店です。
『手打式 超多加水麺 ののくら』は、まだ開店2年目に突入したばかりの新しいお店です。

開店30分前から並び開店直前には10人を超える並びとなっておりました。
入店後、先ずは券売機と向き合います。

基本メニューは『中華そば』の塩と醤油。
その他『油そば』もあるようでしたが、常にあるものなのかはわかりせん。

今回は『中華そば 醤油』の全部のせ、『特製中華そば 醤油』980円をオーダー。

『特製中華そば 醤油』風格漂う綺麗な盛り付け。チャーシュー2種、ワンタン、煮卵、海苔、メンマ、ネギと豊富な具材にテンションが上がります。

まずはスープを一口。まろやかに広がる醤油の瑞々しい味わい。
追いかけるようにみりんのほのかな甘味が柔らかくスープの旨味を引き寄せます。

鶏や魚介系の旨味が幾重にも重なる複雑かつ繊細な味わい。
微かに香る生姜のニュアンス。
一つの素材が突出しているわけでも無く、まして様々な素材で旨味過剰に陥ることもなく、それぞれの素材本来の持ち味を活かすべく繊細に紡ぎだされた黄金律に思わずため息が漏れます。

麺は手揉みを加えた太縮れ麺。加水率50パーセントを超える超多加水麺。

初めての食感です。
打ち立て、茹で立てのうどんのようなツルツルとしたしなやかな麺肌。
相反するモチモチとフワフワが同居する未体験な噛み応え。
噛みしめるたびに広がる小麦本来の旨味。
滑るような啜り心地も申し分無く、今まで味わったことのないとても美味しい麺でした。

さらにスープの旨味を纏えばもはや敵なしと言っても言い過ぎではない至極のバランス。

チャーシューは2種類。 まずは鶏。
信じられないくらいの柔らかさ。
木目の細かいしっとりとした肉感。
塩、胡椒のみのシンプルな味付けが素材の良さを際立ててます。

豚チャーシューも負けず劣らずの仕上がり。
こちらも柔らかく噛みしめるほどに力強い肉の旨味が押し寄せてきますね。

煮卵。
濃厚な黄身もさることながら、プルプルと柔らかく仕上げられた白身が絶品。

ワンタンは2つ。 具入りのものと具無しの皮のみ。
どちらも主役は皮。
大葉の風味を生かした挽肉がささやかに存在を主張。それを凌駕する圧倒的な皮感。
記憶する限り、今まで食べたワンタンの中で一番皮に厚みがありました。
そのしっかりと厚みを持たせた皮を噛み締めると小麦の旨味がダイレクトに感じられます。
麺の延長線上にあるようなワンタン。これだけでも食べる価値十分。

コリコリと小気味良い歯ごたえのメンマももちろんうまいですね。

無我夢中。一気に完食してしまいました。
スープに始まり、麺、具材。どれをとっても高次元。
もう言うことがないというくらいの完成度。
年初めにして今年1番のラーメンに出会ったかもしれない。
そう思わずにはいられない期待を大きく上回る一杯でした。
ご馳走様でした。

『手打式 超多加水麺 ののくら』
場所   東京都葛飾区亀有3-11-11 
営業時間 11:30~14:00 18:30~21:00
定休日  日曜日、月曜日


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら