『ニボらーめんONE』|らーめんONE

やっと仕事も一段落。
これでまたしばらくは通常通りらーめん食べ歩きができそうです。
大崎八幡宮界隈の『らあめん一番星』のラーメンをいただいたら、別なタイプの豚骨系のラーメンがいただきたくなりました。

それで伺ったのは久々に『らーめんONE』

今日のお目当ては、レギュラーに追加されたのは知っていたもののなかなか食べる機会がなかったニボ系豚骨らーめんをいただきたいと思います。

ということで、
今回オーダーしたのは『ニボらーめん』の全部乗せ『ニボらーめんONE』950円。

『ニボらーめんONE』全部のせということで豪華な盛り付け。
具材はチャーシュー2種、メンマ、海苔、煮卵、ネギといったところ。

まずはスープから。ギラギラと煮干の鱗が光るクリーミーなスープを口に含みます。
先行する煮干のストレートな旨味を濃厚な豚骨の旨味が追いかけるように包み込みます。
互いの魅力が合わさり一つになることで生まれる深みのある味わいに、最初の一口で引き込まれてしまいますね。

これは美味い。

煮干を丸ごと味わっているような感覚ながらも、煮干特有のエグミ苦みは抑えつつ素材の旨味を引き出す手腕は流石の一言。
これも丁寧な下処理の賜物なんでしょうね。

そこに合わせる麺はエッジの効いたスクエアタイプの中太ストレート。 またこの麺が美味い。

しなやかでありつつ、表層から芯にかけての均一な食感が心地良い。
スープとの相性も申し分ないですね。
スープを持ち上げすぎないことで麺自体の旨味も引き立ち、さらには全体のバランスも押し上げているように感じられます。

チャーシューは2種。噛み締めることで旨味が増していくもも肉と、柔らかく脂肪の甘みがとろけるバラ肉。
どちらも申し分のない仕上がりで、スープとの相性も抜群。

煮卵もいいですね。
プルンと柔らかく仕上げられた白身の食感が、甘みを帯びたコク深い黄身の旨味を引き立ててます。
温度、茹で時間などこだわりが感じられる仕上がりです。

それぞれの素材の旨みを堪能しつつ、食べ初めから最後まで美味しくいただくことができました。
同じようなタイプのラーメンは多々ありますが、群を抜く完成度。
これもそれぞれの素材の良さを引き出す手腕もさることながら、その良さを損なうことなく互いの魅力を引き立つよう合わせることができる技量の高さを感じます。
また新たに『ニンニクらーめん』なるものもレギュラーに追加されたようなので、またお邪魔したいと思います。
ご馳走様でした。

『らーめんONE』
住所   仙台市宮城野区福室境3-86-1
営業時間 昼11:30~15:00 夜18:00~21:00
定休日  木曜日
駐車場  店舗前9台


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら