『冷やしそば』|みずさわ屋

『みずさわ屋』へ。
ゴールデンウィークもおわり、そろそろかなーと期待感を募らせ『みずさわ屋』

着席してメニューを見ると「冷たいメニュー始まりました」の文字が並んでいます。

期待していた『みずさわ屋』の夏の風物詩『冷やしそば』が始まってました↑

嬉しいですね。
今日はちょっと肌寒く冷やし日和という感じではありませんが、せっかくなので初物『冷やしそば』をいただきたいと思います。

ということで
『冷やしそば』766円と『バター肉ご飯』324円をオーダー。

『冷やしそば』
コレですよね〜。
透き通る冷たいスープによく締まった細麺。 麺の上にはメンマ、切り昆布、椎茸、ねぎ、海苔などの具材がこんもりと。
美味しそう。

でわでわまずはスープから。甘み感じるあっさりとした出汁の旨味とわずかに感じる酸味が食欲をかきたてます。

「冷やし中華」をイメージして食べに来られる方もいるかと思いますが、あくまでも冷やし中華ではありません。
冷やし中華というと醤油と酸味が先行する濃い目のタレが主体ですが、こちらの『冷やしそば』は、あっさり穏やかな出汁を主体としたものとなっています。

そして具材も独特。
甘めに味付けされた椎茸、切り昆布、チャーシュー、ねぎなどが盛りだくさん。

そして細麺。しっかりとしまった麺は、噛み切る音が聞こえるくらいコキコキとした食感があります。
その食感が小気味よく、あっさりスープとの相性も抜群で箸が止まりません。

そして様々な具材の旨味、食感が加わればもはや無敵な美味しさ。

甘めに味付けされた椎茸、切り昆布、チャーシュー、ねぎの食感とコキコキとした麺の食感がたまりませんね〜。 食べ進めるに従い具材の甘みがスープに溶け出し、さらに優しい味わいに。
これまた旨し。
スープ、麺、具材が奏でる渾然一体の美味さは唯一無比の味わいですね。

あっという間に完食でした。

ご馳走様でした。

『みずさわ屋』
住所   仙台市青葉区栗生5-22-3
営業時間 平日11:30~15:30 17:30~21:00
土曜、日曜 11:30~21:00
※日曜日はスープ無くなり次第終了
定休日  月曜日
駐車場  有(店舗向いの「トウショク」駐車場に7台


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら