『汁なし坦々』|らーめん よっちゃん

​今日はまたまた『らーめん よっちゃん』にやって来ました。
帰り道なので便利なんですよね。

フォロワー1000人超えとのことで、超G系の限定麺も提供されてましたが、とても食べきれる自信がないのでスルー。
ただ店内は、その限定麺にトッピングされているフライドガーリックの香りが充満。
隣を覗き込むと富士山のごとく裾野を広い積み上がるモノが(笑)。

で、今日は自分がオーダーしたのは『汁なし坦々』650円。
なかなかお得なプライスですね〜。

さほど待たずに着丼。
『汁なし坦々』
0122c802b2f1d0c3c30a44d75219d5778d5220c923
見た目シンプル。
トッピングはねぎ、スリムねぎ、メンマ、挽肉、胡麻といったところ。

麺はやや幅広のエッヂの効いた平打ち麺。
この麺は徐々に仙台近郊で勢力を拡大しつつある乃木製麺製の麺に変更になったばかりのようです。
ではその麺を具材とともに底に沈む坦坦ダレとよ〜く混ぜ合わせます。

ではいただきます。
胡麻の濃厚クリーミーなタレが麺をしっかりとコーティングしていて滑りが良く食べやすいですね。
坦坦ダレはゴマの旨みを中心にすえた仕上がりで、口に入れるとコクのある胡麻の旨味が広がり美味しいですね。

辛味は多少ピリッときますが辛いと感じるほどでもないですね。
自分基準ですが。

そして後からじわぁ〜と山椒の痺れが舌の上に広がります。
こちらも穏やかな感じで心地いい痺れです。

辛さ痺れはどちらかというとアクセント程度なので、辛さに弱い方でも問題なく『汁なし坦々』を堪能できそう。

そして麺。
0144e9ab55106972d188bc06f9ae4e1801f690a803
タレの旨みを余すことなく絡めとる感じてかなり良いですね。
噛み切れるまで歯を押し返すしっかりとした弾力があり、さらに麺自体の味わいもあり全体的なバランスを間違いなく押し上げてますね。

以前の麺はわかりまぜが、断然良くなっていると想像できます。

具材の挽肉やメンマはインパクト控えめ、タレと麺の間で食感によるアクセントを与えてくれる脇役的な存在ですかね。

全体的にゴマと麺の旨みをいかすための組み立てといった感じがしました。

その分食べやすいですが、辛さ痺れを期待している方には若干物足りなさもあるかもしれませんね。
自分は素直にゴマと麺の旨みを堪能できてこれはこれで好きですね。
仙台も最近は『汁なし坦坦麺』を提供するお店も増えてきているので、好みやその日の気分にあったものをチョイスすればいいかなと思います。
そういう意味ではいろいろ選択肢が広がるというのはいいことですね。

あっとういう間に完食。
余りにも食べやすいので麺量が足りなく感じてしまったので、次回はプラス50円で麺増ししたいと思います。

食べ終わるころに隣を覗き込むも富士山の原形はたもたれ標高はまだ3000メートルを下回らない様子(笑)
まだまだ道のりは長そうですが、頑張ってください。

ではではご馳走様でした。

『らーめん よっちゃん(仮)』
住所   仙台市青葉区八幡1-4-26
営業時間 平日 11:30~14:30 17:30~21:30
     土日 11:30~14:30 17:00~21:00
定休日  毎週火曜日 第四月曜
駐車場  有


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら