『油そば(海老)』|らーめんONE 

『らーめんONE』のよる営業に来店。
8時過ぎにもかかわらず、激混み。
さすがですね〜。

しばらくベンチで待ちました。

今日のオーダーは未食の『油そば』
量は並盛200g or 中盛300gで選べます。
お腹も空いていたので中盛。
全部のせの『油そばONE』を頼みたいところでしたが、以前食べた『まぜそば』中盛のボリュームが脳裏をよぎり、ビビってノーマル『油そば』を選択。
テイストは生姜、海老、旨辛、にぼしから選べます。
今回は海老をチョイス。
ということで
『油そば(海老)』を中盛750円でオーダー。

『油そば(海老)』具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔といったところ。

麺は中太の平打ストレート。もうすでにタレが絡めてありますが、かる〜く混ぜていただきます。

麺はギュッと小麦の旨味が詰まった感じです。
ただ平打ち麺ということで、しっかりと歯応えを保ちつつも厚みがない分アゴへの負担も少なく食べやすい。

そこに海老の旨味がしっかりと絡んできます。
やや麺の存在感に飲み込まれている感じもあり、麺の旨みを立てる感じのバランス感。
一歩引いたところでほのかに膨らむ海老の旨味が、奥ゆかしい美味さを醸し出しています。
これも麺自体が美味しいからこそできる技でしょうか。
それにしても意外とあっさりした仕上がりで食べやすい。

ノーマルの美味しさを味わったところで、味変。

途中から辣油、酢をまわしかけます。辣油の辛味が食欲を加速させるとともに、酸味が加わることでさらに食べやすくなりました。

ブラックペッパーも良く合います。

意外とあっさり完食。
全部のせでも余裕だったかも。

これで『らーめんONE』『まぜそば』『油そば』とスープオフ系をいただきました。
どちらも美味しかったですが、やはり『らーめんONE』の真骨頂はらーめんかなーと再認識。
『まぜそば』『油そば』もクオリティーが高いですが、らーめんはさらに上をいく満足感があります。
初めて来られた方には是非とも『らーめん』系から食べていくのがいいのではと個人的に思います。
とは言えいろいろ選択肢が多いのは楽しいですね。
何度も通いたくなります。
ご馳走様でした。

『らーめんONE』
住所   仙台市宮城野区福室境3-86-1
営業時間 昼11:30~15:00 夜18:00~21:00
定休日  木曜日
駐車場  店舗前9台


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら