『濃厚海老らーめん』|自家製麺くまがい

再び『自家製麺くまがい』
平日、夜営業にお邪魔しました。
開店から1週間以上過ぎ。少し落ち付いてきたのかタイミングが良かったのかすんなり店内に入ることができました。

あっさり系にいきたいところですが気分は濃厚。
濃厚は今のところ『濃厚魚介らーめん』『濃厚海老らーめん』が販売中。
ちなみに簡単なメニュー表はこちら

しばし迷って『濃厚海老らーめん』750円をポチッと。

店主が作る『濃厚海老らーめん』と言えばどうしても『麺屋とがし』時代の『らー麺 白』が頭をよぎります。

あの一杯が自分をらーめんの世界に引きずり混んだと言っても過言ではありません。

『濃厚海老らーめん』 ノーマルなから豪華に見えます。
具材はチャーシュー2種、ナルト、スリムネギ、ネギ、カイワレ、メンマと盛沢山。
前回は全部乗せでいたたきましたが自分的にはこれで充分ですね。

まずはスープから。雑味など一切皆無、濃密な旨み溢れる豚骨スープと魚介系素材が奏でる軽やかな味わい。
海老の風味も強調しすぎることなくじわりと効かせることで、むしろ心地よい余韻。

ゆえにさらにもう一口、もう一口とレンゲを運んでしまいますね。

濃厚とはいえ濃厚系の部類では比較的ライトな仕上がりではないでしょうか。
なので結構グイグイと飲めてしまします。
油分多めの重たいやつは最近厳しいなと感じるのでこのぐらいが調度よく感じますね。
奇をてらうことなく誰からも好まれる豚骨スープに仕上がっていると思います。
今まで濃厚系のラーメンを敬遠されていた方にもおススメです。

麺はストレート太麺。この麺おいしいですね。
適度に歯を押し返す弾力、噛み締めて広がる小麦感。
スープに飲み込まれることなく毅然とした存在感を放ちつつもスープの旨味をしっかりとエスコート。旨いですね。

濃厚系は麺とスープそれぞれは美味しいのに一つにするとしっくりこないことがよくあります。
この『濃厚海老らーめん』はスープの味や濃度や粘度と麺のバランスが非常にいいですね。

スープの魅力を損なうことのない麺を自由に組み合わせることができるのは自家製麺の魅力ですが、それを引きだす手腕があってこその自家製麺。
もちろん店名に偽りなしの美味しさでした。

チャーシューは2種。
吸い込まれるような柔らかさの鶏胸肉と香ばしい風味をまとった豚バラ肉。
どちらも美味しいですね。
ノーマルながらも2種類のチャーシューが楽しめるのも嬉しいところです。

メンマも味よし、歯応えよしで申し分無し。
意外とこのナルトも厚切りで好みでしたね。

あっという間に完食です。
美味しかったですね。
食べた後も重たくならずに心地よい満足感があります。
『濃厚海老らーめん』ぜひぜひお試しください。

今度こそはあっさり系を食べたいと思いますが、こうなってくると『濃厚魚介らーめん』も非常に気になりますね。
ご馳走様でした。

『自家製麺くまがい』
住所    仙台市青葉区吉成1-24-16
営業時間  昼営業 11:00〜14:30
夜営業 18:00〜21:30
定休日 水曜日(3月)
駐車場 有(店舗内敷地13台)
Twitter twitter.com/365ramen


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら