『濃厚鶏煮干しそば』|麺屋くまがい

今日は鶴ヶ谷にやってまいりました。
鶴ヶ谷と言ったら『麺屋くまがい』。

0127f772504e17e423860da51cf1e38331254edcb4.jpg

そして初めてのシャッター。

開店30分間に到着したものの、駐車場の空きは1台のみ。
なんとか止めれてラッキー(^O^)
止められないと確実に1時間は違うし(汗)

待ちは10人少々。
そこに連結。
そしてほとんど待たずに開店。
準備ができると開店前でも開けてくれるんですね。
ありがたい。
しかし、ギリギリ2ターン目だっだので待ち椅子に着席。
まーまー全然OKですね。開店早いので。

今日のオーダーは、今まで何度も振られ続けた『濃厚鶏煮干しそば』700円+大盛50円。
もともと杯数が少ないのか、遅めに来店すると大抵完売。
また限定麺が始まると、オペレーションの関係で販売中止になってしまうのでなかなか食べられずにここまで引っ張ってしまいました(笑)

なので今日は珍しくシャッターしてしまいました。

それにしても相変わらずすごい人気ですね。
次から次にお客さんが来ます。
夜営業がないというのもその一因でしょうね。
自分も平日はまず無理なので。
夜営業切望!

2ターン目でカウンターに着席。
そこからほぼ待たずに
『濃厚鶏煮干しそば』到着。

0151d53f4010c379df85f0308a624fabef24ac8ab2.jpg

念願の『濃厚鶏煮干しそば』がやっと食べられる~!
うれし~(^O^)

トッピングはスリムねぎ、かいわれ、刻み玉ねぎ、炙り焼豚、鳥チャーシュー、そして穂先メンマ。

スープをまずはいただいてみると、濃厚な鶏出汁に、けっこうシッカリめに煮干が効いています。
煮干の旨味だけというよりか、煮干のえぐみ、苦味は程よく残し、それも煮干の旨味と感じさせる出来栄え。
なかなか美味しいですね!
ニボ好きには、ライトな仕上がりですが、自分には充分煮干を堪能できる重厚な味わいです。
それ程、ニボニボ感が強いわけでもなく、また鶏のクリーミーな旨味が優しく包み込んでくれているので、ニボ好きじゃ無い方や、ニボ初挑戦の方にもけっこう美味しくいただけるバランスだと思います。

・・・と言っても、自分の舌もいろいろ食べすぎて標準の感覚からはだいぶ乖離しているのでその点はご了承ください(笑)

また日々に煮干の原料、分量など調整もあると思うので、また別の日に来れば、また違った味わいかも。

麺はかなりエッジの効いた、細めのストレート。

01662912cbedb71628927013a8c9b9f0e234d687b2.jpg

舌触りの滑らかな麺で、ブツブツとしっかりとした歯ごたえがあります。
前にも書きましたが、初期の頃の麺の方が、今より歯ごたえは弱く、伸びるのも早かったですが麺自体の旨味が感じられ、なおかつ濃厚クリーミー系のスープの絡みも良くて好きでしたね。
こちらの麺は最後までしっかりと食感が残りますが麺自体の味わいやスープとの相性という点では今一つかな~と思ったりします。

その他二種類のチャーシューや穂先メンマも相変わらず美味しいですね。

煮干補給完了。
それにしても『麺屋くまがい』の濃厚系はどれも旨いですね。
だいたい一通りレギュラー系を食べ切りましたが、どれが一番好きかといわれるとやっぱり『濃厚鶏煮干そば』が好きですね。
また近々あらためて食べに来たいですね。
ご馳走様でした。


『麺屋くまがい』
住所   仙台市宮城野区鶴ヶ谷1丁目8-16
営業時間 11:30~(130食売り切れまで)
       中休み15:30~17:30まで
       このブログを書いている時点だと、平日休日問わず15時前後で完売しているようです。
定休日   水曜日
駐車場   有(店舗前5台、2軒隣の月極め駐車場に4台(7番と8番と9番と+α))
       ※近くにコインパーキングなど車が止めれるところが全くないようでした。
       ※平成26年1月4日時点の情報です


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら