『飛魚だし醤油らーめん』|だし廊

秋晴れの気分爽快な陽射しのなか、東勝山の『だし廊』に行ってきました。
オープン当初にレギュラーメニューは一気に食べてしまいましたが、それからしばらく経ったので再度来店してみました。

お店に到着するも、駐車場は満車。
ちょっと離れたところに停め直して、散歩がてら10分ほど歩いてお店へ。

駐車場は埋まっているものの、店内は比較的空いており、待たなくても大丈夫でした。

一通りレギュラーメニューを食べた結果一番好みだった『飛魚出汁醤油らーめん』のボタンをポチッと。

ということで、『飛魚だし醤油らーめん』750円をオーダー。

『飛魚だし醤油らーめん』『飛魚だし醤油らーめん』|だし廊洗練された綺麗なビジュアルですね。
立ち上る焼きアゴの香りも食欲をそそります。

チャーシュー3種、メンマ、三つ葉、ネギが綺麗に盛り付けられています。

スープは初回同様に瑞々しさに満ち溢れた醤油の旨味が押し寄せ、さらに主役のアゴだしの香ばしい旨味もしっかりと感じられます。『飛魚だし醤油らーめん』|だし廊初めて食べた時よりもあご出汁の旨みがやや強めに出ており、醤油の旨味に負けることなく互いに引き立て合う美味さが感じられます。
控えめに効いた鶏出汁もいい感じです。
出過ぎることなくあご出汁と醤油ダレを下支え。
力強くも繊細な旨さを後押しすることでバランスの取れた統一感が感じられます。

麺は中細ストレート麺。『飛魚だし醤油らーめん』|だし廊適度に噛み応えがあり、歯切れも良く美味しいですね。
麺を啜りこんだ時にふわっと感じられるあご出汁の風味が更に美しく感じさせてくれます。
もちろんスープとの相性も抜群ですね。

チャーシューは豚肩ロース、豚バラ、鶏胸肉の3種類とノーマルなのに大盤振る舞い。
肩ロースは肉らしい旨味に溢れ嚙みしめる程に味わい深く、豚バラも脂の旨味に品がありどちらも美味しいですね。『飛魚だし醤油らーめん』|だし廊鶏チャーシューも今時の低音調理で、やわらかさの中に旨味が閉じ込められ申し分ない味わい。

メンマも美味いですね。
スープの味わいに寄り添う雑味の無い控えめな味付け。
そして食感がいいですね。
歯ごたえがある所と、歯に吸い付くような柔らかさが感じられる所とどちらも美味い。

最後まで楽しめる美味しい一杯でした。
ご馳走様でした。

『だし廊』のメニューをまとめてみました。
こちらからどうぞ。

『だし廊』
住所   仙台市青葉区東勝山3-5-22
営業時間 昼営業11:30〜15:00
     夜営業 18:00〜21:00
定休日   毎週火曜日、第3日曜日
駐車場 店舗前3台
Twitter https://twitter.com/dashirou1


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら