『鶏中華・醤油』|銀鳥

今日は日曜日、ラーメンを食べに出かけてみました。
最近ローテーションが固定化してきてしまっているので、新規開拓で初めてのお店に行ってきました。

向かった先は宮町。
『銀鳥』というお店にお邪魔しました。
昨年にオープンしたまだ新しいお店ですね。
ここら辺の界隈は小さいお店がいろいろあってぶらぶらしてるとちょっと楽しいですね。
お店の駐車場は無いので、近くのコインパーキング若しくはセイユーの駐車場にとめてお買い物をして無料にしてもらうのがいいかも。

店内はカウンターのみで、かなり狭いです。
肩が触れ合いながら食べる感じですね。
メニューは『鶏中華』の塩と醤油をベースにトッピングによって名前が変わるようです。
その他『塩鶏白湯麺』もあるようですね。
今日は一番オーソドックスに『鶏中華・醤油』650円をいただくことにしました。

ほとんど待つことなく『鶏中華・醤油』
01f07394f0411f60b0b73ab36f27c977e4d990b770
けっこう油が多めに浮いたスープに細かく刻んだネギ、鶏チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔がのります。

まずはスープ。
醤油ながらも塩的なビジュアルです。
スープから立ち昇る香りからして白醤油を使われているのかもしれませんね。

一口、含むと柔らかい鶏出汁の味わいとともに強めに効いた鶏油の風味が口の中に広がります。
全体的にスープのキレはなく、まろやかな味わい。

まーでも自分の個人的な好みからするとあまり好きなタイプのスープではないかなー、、、なのでなかなかレンゲが進まない。
かなり油が多めでちょっと重め、全体的な味の輪郭も曖昧で結構すぐ飽きがきてしまいました。
また白醤油ということで、独特の味わいがありこれも好き嫌いが分かれるところかもしれません。

麺は中細麺。
01b9f3891370f2d09ae9ac790e38b67f9223a5837b
加水率高めのツルツルと柔らかい仕上がりで、こちらはまー普通。
スープとの相性は悪くないと思います。

鶏チャーシューはモモ肉ようですが、『嘉一』の親鶏のような特別な個性もなくこちらも普通。

メンマはやや甘めな仕上がりかなー。

全体的に全てが優しい味わいの方向に向かっていて、統一感がとれているようでなにか緊張感的なものがなく、それがこの何と無くモヤモヤーとした仕上がりになっているように感じました。
まーそれは好みの問題ですが、自分的にはちょっと苦手な一杯でした。
とはいえお昼時間ということもあるのか次々にお客さんが入ってきました。
ご馳走様でした。

ちなみにメニューはこんな感じ。
01c093eded0a72001fc386a5049c63d3ee6529fc73
『銀鳥』
住所   仙台市青葉区宮町2-2-26
営業時間 火~土 昼11:30~14:30 夜18:00~23:00
     日 11:30~14:30 18:00~21:00
定休日  月曜日
駐車場  無(近くのコインPを利用)
Twitter https://twitter.com/8JNOGX6tQKuBCea


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら