新『味玉ら~麺』|麺屋とがし

今日は超久しぶりの『麺屋とがし』

011c4a9f803f698affcd35a0a2291ad47de0dcf5a9.jpg

なんと馴染み深いレギュラーメニューがなくなり、新メニューとなって再登場とのことなのでこれはいってみねば、食べてみねばということで急遽来店。

レギュラーメニューの赤、黒は無くなり、一番人気の白が次のように変更。
『つけ麺 白』→『つけ麺』
『ら~麺 白』→『ら~麺』

「味は白の味を継承しつつインパクトはあるけど食べやすい」をテーマに作られたとブログに紹介されています。

自分にとって『麺屋とがし』『ら~麺 白』は、ラーメンの世界に引き込まれるきっかけとなった思い出深いラーメンなので、ちょっと複雑な気持ちでもあります。

ただ確かに最近はめっきりこの手のラーメンは食べることが減ったのも事実。
年齢的にキツイのもあるのでしょうが、逆に若い新たなリピーターも生まれるということを考えるとそのままでもいいような…気がしますが、いろいろ経営上のことなど思うところあってのメニュー一新なんでしょうね。

昼営業、閉店間際の来店でしたが、外待ち2名。
しばらく待って店内へ。
なんかさみしくなった食券機から、『味玉ら~麺』をチョイス。

011bb1f5ea4bf9ed0e5fbb77929dac54cc5c7d83fa.jpg

並、中盛、大盛同料金なので、大盛でオーダー。
値段は増税後のアップしたままの値段据え置き850円。

『味玉ら~麺』

010b1b894f11e0321779808c213eb075c7bc86fb2d.jpg

トッピングはメンマ、バラロール焼豚、ネギ、そして煮玉子。
見た目的には、焼豚の形が変わったぐらいでしょうか。

スープをいただいてみると、エビの風味豊かな濃厚スープといいたいところですが、どうしても昔の白と比べてしまうと、スープに溶け込んだエビの風味も控えめな感じで、物足りない。
以前のこってりと比べると、油分も控えめな感じで食べやすいといえば食べやすいのですが、どうしてもインパクト不足感はあるかな~。

麺は太麺。

0180e34da70bbd186a0e7f2480a40b2968080ce62a.jpg

もっちりとした感じです。
以前の白の太麺はけっこうしっかりとした歯ごたえで、濃厚スープに負けない存在感がありましたが、今回の太麺はスープの濃度に合わせてなのか、非常に柔らかな仕上がり、麺自体の旨味もそれ程感じられず、スープとの絡みもイマイチかな~といった感じ。

チャーシューは以前と形は変わったものの、だいたい同じ印象で、このてのスープとは良く合いますね。
メンマはやたら硬い。
味も無い。ん…といった感じ。
でも新しいメンマに変わるまでの在庫整理らしいので、今後変わっていくのでしょうね。

どうしても前の『ら~麺 白』と比べてしまいますが、今回の『ら~麺』の先に、『ら~麺 白』があるといった感じで、ちょっと退化?してしまったような印象を持ちました。あくまでも個人的にですが・・・。
もともと『ら~麺 白』は万人向けを目指すようならーめんでは無いのかもしれません。

とはいえ日々進化して行くのが『麺屋とがし』
ここからのさらなる進化を期待したいと思います。
ご馳走さまでした。


『麺屋とがし』
住所    仙台市泉区南光台2-14-59
営業時間  平日 11:30~14:30 17:30~21:00
      土・日・祝 11:30~15:00 17:30~21:00
      ※スープがなくなると営業終了
定休日   基本的に年末など以外無休
駐車場   有(店の前と横で8台、店舗裏の駐車場に9台)


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら