タグ別アーカイブ: らーめん

『煮干蕎麦』|こいけ屋

荒町『こいけ屋』
かなり久々かもしれません。

今回はしばらく前から気になっていたメニューをいただきに参りました。

『煮干蕎麦』

煮干しの強弱が3段階(軽、中、強)から選べます。
麺の種類も2種類。
太麺220g、細麺160gからの選択。

煮干の濃度はあまりえぐかったりするのも苦手なので、とりあえず無難に中。
麺の種類は煮干しといえば細麺的なイメージがあるのですが、麺量にひかれ太麺を。

ということで
『煮干蕎麦』800円を中の太麺でオーダー。

『煮干蕎麦』如何にもニボシ。
そんな色合いを醸し出したスープ。
具材はメンマ、チャーシュー、ネギ、玉ねぎ、カイワレ、海苔と盛沢山。

まずはスープ。見た目はエグミのあるニボスープかと思いきや、意外にエグミや苦味は感じず、油分も控えめでとても上品な味わい。
煮干自体の旨味が強いというより、それを支えるベースの旨味がしっかりしている印象。
その旨味が煮干の旨味をさらに押し上げているように感じられます。
煮干し由来の塩味も心地よいバランス。
総じてとても美味しいニボスープですね。
グイグイいけます。

麺は太縮れ麺。これもまた意外。
加水率高めのプルプルとした麺かと思いきや、その真逆。
小麦の旨みがギュっとつまったしっかりとした噛みごたえ、その硬さが麺のボコボコとした形状をより際立たせる面白い食感。
麺自体の旨味も強く、麺だけ食べていても十分な満足感。
この麺好きですね。

ただニボスープとの相性はどうか?と思ったのですが、これがまた意外。
ニボスープととてもよくマッチしてます。
煮干の旨味と小麦の旨味がしっかりマリアージュ。

それぞれの旨みで引き立てあい、共鳴しているような錯覚を感じる相性の良さ。
太麺にしてよかったというか、これから細麺を選べないかもと思うほど旨い。

ネギ、玉ねぎ、カイワレもこのスープとよくあいますね。

麺を運ぶ手が止まりません。

メンマのコリコリ食感も好きですね。

チャーシューのしっとりとした肉の旨味もたまりません。

このチャーシューとスープに浸した海苔を半ライスにオン。軽くスープを回しかけ即席チャーシュー丼もなかなかいけました。

ハイクオリティーな一杯にお腹も心も満たされました。
こうなってくると、是非とも煮干:「強」も試してみたくなります。
ご馳走様でした。

こいけ屋|メニュー
『こいけ屋』で提供されるレギュラーメニューをまとめてみました。 ラーメン銀座化している荒町商店街に店を構える『…


『こいけ屋』
住所   仙台市若林区荒町153
営業時間 平日  昼の部 11:00~15:00 夜の部 17:00~22:00
定休日  不定休(詳細はツイッター又はブログを確認)
駐車場  無し(近隣のコインパーキング利用)
twitter https://twitter.com/magokorobase


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら