『魚介鶏そば』|麺奏神楽

みずほ台『麺奏神楽』に行ってきました。
こちらに来る前に『自家製太麺渡辺』を通り過ぎてきましたが、並びの長さもさることながら駐車待ちの路上駐車もひどく、対向車と擦れ違うのにちょっと危険な感じでした。
ただでさえ激混みなのに、某テレビ番組の効果でさらに拍車がかかった感じですね。
流石に並ぶ気にもなれないので『麺奏神楽』へ。
こちらが本命。

『麺奏神楽』には正午ちょい前の来店でしたが、すんなり駐車も出来て店内待ちも2名ほど。
いいタイミングで来店できたようです。

本日のお目当は『魚貝鶏そば』
新たにレギュラーに加わった新メニュー。
ずっと気になりつつもなかなか来ることができず、遅ればせながらやっとです。
ということで、『魚貝鶏そば』750円をオーダー。

先客2名ながらもしばらく待ちました。
あまり回転は良くないようです。

『魚貝鶏そば』スープからは複雑な香りが立ち昇りますね。
そこにチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、アーリーレッドが盛り付けられています。

まず透き通ったスープから。独特の味わいですね。
名前の通り貝が使われているのでしょうか。
あまり食べなれない旨味と鶏の旨味が醸す芳醇な旨み。
そこに多めに効かせた香味油がより味わいを複雑にしてます。
かえしを控えめにすることで、よりだしの旨味、香味油の存在が際立ちますね。
鶏の余韻が長く続くのも印象的でした。
不思議なスープに魅力に誘われ何度もレンゲを運んでしまいます。

麺は中細ストレート麺。プツプツとした食感と適度な弾力を併せ持つ美味しい麺ですね。
スープとの相性も良さそうです。
香味油が旨みをしっかりと運んできてくれます。

チャーシューはスモーキーな仕上がりで好みの分かれるところでしょうが、この独特の存在感が『魚貝鶏そば』にはよく合います。 メンマは癖のない仕上がり。
食感もいいですね。

珍しい味わいを楽しみました。
万人ウケするかは微妙ですが、クオリティーの高い一杯でした。
『味噌らーめん』『醤油らーめん』など一通りメニューを食べ終えてから食べる一杯だと思います。
ご馳走さまでした。

一通りメニューを食べ終えたので『麺奏 神楽』のメニューを★こちら★にまとめてみました。

『麺奏 神楽』
住所     仙台市泉区みずほ台18-2
営業時間  11:30~(スープなくなり次第終了)
      18:00~20:00(平日のみ)
定休日    火曜日
駐車場    店舗前3台、店舗脇7台
Twitter  https://twitter.com/mennsoukagura


ラーメン食べ歩きのブログランキングはこちら